[スポンサーリンク]


グラファイト

  1. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】

    講師        : 東京工業大学 大学院 理工学研究科 教授 榎 敏明 氏日時        : 2009年12月25日(金) 13:30?17:00会場        : 東京・千代田区 秋葉原鴻池ビル3F リアラ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 模型でわかる【金属錯体型超分子】
  2. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  3. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  4. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  5. スローン賞って知っていますか?
  6. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売
  7. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model

注目情報

最新記事

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

PAGE TOP