[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③

 

「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイズ形式にしています。

第3回は、北海道大学の白濱晴久らによる(-)-Grayanotoxin IIIの全合成(1994)を紹介したいと思います。

(※過去の問題はこちら:

 本合成の最終段階におけるMOM基の脱保護は困難を極め、酸性条件では完全な脱保護を行うことが不可能だった。
そこで化合物の基本骨格が酸化条件に強いという特性を踏まえ、アセチル保護後、酸を使用しない2工程の化学処理を行った。これにより見事脱保護に成功し、全合成が達成された。

ここで用いられている化学工程としては、どのようなものが考えられるか、提案せよ。

next_move_3q_1

解答はこちら

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アズレンの蒼い旅路
  2. Reaxysレクチャー&第9回平田メモリアルレクチャー…
  3. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー
  4. レビュー多くてもよくね?
  5. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  6. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation…
  7. 計算化学:基底関数って何?
  8. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  2. 役に立たない「アートとしての科学」
  3. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる技術を開発
  4. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  5. Chemistry on Thanksgiving Day
  6. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  7. アルミニウムで水素分子を活性化する
  8. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part1】
  9. 第47回天然有機化合物討論会
  10. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!

読者の皆さんの中には、既にご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。有機化学アカデミック研…

1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる

先日、ある大手メーカーの役員で、面接官もされている方とお話をした際、「1次面接を通る人って、どの会社…

自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料

ライプニッツマテリアル研究所では、「Nanomere」と呼ばれる高熱を与えることでスリ傷を自己修復す…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP