[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③

 

「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイズ形式にしています。

第3回は、北海道大学の白濱晴久らによる(-)-Grayanotoxin IIIの全合成(1994)を紹介したいと思います。

(※過去の問題はこちら:

 本合成の最終段階におけるMOM基の脱保護は困難を極め、酸性条件では完全な脱保護を行うことが不可能だった。
そこで化合物の基本骨格が酸化条件に強いという特性を踏まえ、アセチル保護後、酸を使用しない2工程の化学処理を行った。これにより見事脱保護に成功し、全合成が達成された。

ここで用いられている化学工程としては、どのようなものが考えられるか、提案せよ。

next_move_3q_1

解答はこちら

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  2. Reaxys Prize 2011発表!
  3. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー
  4. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造…
  5. 有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属…
  6. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック
  7. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法
  8. 一流の化学雑誌をいかにしてつくるか?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「野依フォーラム若手育成塾」とは!?
  2. キャロライン・ベルトッツィ Carolyne R. Bertozzi
  3. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement
  4. ダイヤモンドは砕けない
  5. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  6. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  7. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  8. ハリーポッターが参考文献に登場する化学論文
  9. フェノールのC–O結合をぶった切る
  10. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP