[スポンサーリンク]


マクロラクトン化

  1. 巻いている触媒を用いて環を巻く

    ペプチドフォルダマーを触媒に用いた大環状化合物構築法が報告された。フォルダマーのらせん構造およびアミノ酸残基の配列が、望まぬ分子間反応を抑制し、迅速に環を構築する。大環状骨格(マクロサイクル)の構築大環状化合物(マクロサイクル)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本にあってアメリカにないガラス器具
  2. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  3. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  4. ペラミビル / Peramivir
  5. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用
  6. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent
  7. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!

注目情報

最新記事

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

PAGE TOP