[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第二回触媒科学国際シンポジウム

[スポンサーリンク]

大手化学会社の「三井化学」(本社・東京、中西宏幸社長)は二十二、二十三両日、木更津市かずさ鎌足のかずさアカデミアホールで、第二回触媒科学国際シンポジウムを開く。

 医薬、農薬など、さまざまな機能を持つ物質や合成法を生み出す触媒に焦点を当て、研究の発展を目指すのが狙い。

 二〇〇一年度にノーベル化学賞を受賞した米スクリプス研究所のシャープレス教授、環境に負荷をかけない合成法を研究する九州大の香月勗教授ら、企業や大学などの研究者たちが講演する。

 両日とも午前十時開演。入場無料。当日会場で申し込みできる。(引用:東京新聞)

不斉ジヒドロキシル化Sharpless教授、オレフィンメタセシスの権威であるSchrock教授不斉エポキシ化香月教授、光触媒の発見者、藤嶋昭氏、不斉触媒の開発を精力的に進めるJacobsen教授、水を溶媒とする有機合成反応の開発で小林修教授等が講演します。非常に著名人ばかりで注目できるシンポジウムです。

関連書籍

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  2. 積水化学と住友化学、サーキュラーエコノミーで協力。ゴミ原料にポリ…
  3. マンダム、不快刺激が少なく持続的な清涼成分を発見 ~夏をより快適…
  4. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験を…
  5. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  6. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD
  7. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  8. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  2. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】
  3. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  4. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  5. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  6. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  7. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授
  8. ジョン・スティル John K. Stille
  9. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで3 |第8回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  10. 付設展示会に行…けなくなっちゃった(泣)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータの前処理-データ整理・把握や化学構造のSMILES変換のやり方を解説-

開催日:2022/10/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【いまさら聞けない?】アジドの取扱いを学んでおこう!

今年のノーベル化学賞とも深く関連する、アジド化合物。受賞対象となったクリックケミストリーに加えて、ア…

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP