[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第二回触媒科学国際シンポジウム

大手化学会社の「三井化学」(本社・東京、中西宏幸社長)は二十二、二十三両日、木更津市かずさ鎌足のかずさアカデミアホールで、第二回触媒科学国際シンポジウムを開く。

 医薬、農薬など、さまざまな機能を持つ物質や合成法を生み出す触媒に焦点を当て、研究の発展を目指すのが狙い。

 二〇〇一年度にノーベル化学賞を受賞した米スクリプス研究所のシャープレス教授、環境に負荷をかけない合成法を研究する九州大の香月勗教授ら、企業や大学などの研究者たちが講演する。

 両日とも午前十時開演。入場無料。当日会場で申し込みできる。(引用:東京新聞)

不斉ジヒドロキシル化Sharpless教授、オレフィンメタセシスの権威であるSchrock教授不斉エポキシ化香月教授、光触媒の発見者、藤嶋昭氏、不斉触媒の開発を精力的に進めるJacobsen教授、水を溶媒とする有機合成反応の開発で小林修教授等が講演します。非常に著名人ばかりで注目できるシンポジウムです。

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  2. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  3. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  4. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  5. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  6. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場
  7. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  8. 凸版印刷、有機ELパネル開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞表面受容体の機能解析の新手法
  2. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  3. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  4. タミフルの効果
  5. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis
  6. 人が集まるポスター発表を考える
  7. 山本 尚 Hisashi Yamamoto
  8. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成
  9. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  10. トロスト酸化 Trost Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP