[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第二回触媒科学国際シンポジウム

[スポンサーリンク]

大手化学会社の「三井化学」(本社・東京、中西宏幸社長)は二十二、二十三両日、木更津市かずさ鎌足のかずさアカデミアホールで、第二回触媒科学国際シンポジウムを開く。

 医薬、農薬など、さまざまな機能を持つ物質や合成法を生み出す触媒に焦点を当て、研究の発展を目指すのが狙い。

 二〇〇一年度にノーベル化学賞を受賞した米スクリプス研究所のシャープレス教授、環境に負荷をかけない合成法を研究する九州大の香月勗教授ら、企業や大学などの研究者たちが講演する。

 両日とも午前十時開演。入場無料。当日会場で申し込みできる。(引用:東京新聞)

不斉ジヒドロキシル化Sharpless教授、オレフィンメタセシスの権威であるSchrock教授不斉エポキシ化香月教授、光触媒の発見者、藤嶋昭氏、不斉触媒の開発を精力的に進めるJacobsen教授、水を溶媒とする有機合成反応の開発で小林修教授等が講演します。非常に著名人ばかりで注目できるシンポジウムです。

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発
  2. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  3. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  4. 池袋PARCOで「におい展」開催
  5. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  6. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  7. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  8. 第47回天然有機化合物討論会

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功
  2. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  3. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigenation
  4. 印象に残った天然物合成1
  5. センチメートルサイズで均一の有機分子薄膜をつくる!”シンプル イズ ザ ベスト”の極意
  6. これならわかる マススペクトロメトリー
  7. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  8. アスパラプチン Asparaptine
  9. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  10. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP