[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第二回触媒科学国際シンポジウム

[スポンサーリンク]

大手化学会社の「三井化学」(本社・東京、中西宏幸社長)は二十二、二十三両日、木更津市かずさ鎌足のかずさアカデミアホールで、第二回触媒科学国際シンポジウムを開く。

 医薬、農薬など、さまざまな機能を持つ物質や合成法を生み出す触媒に焦点を当て、研究の発展を目指すのが狙い。

 二〇〇一年度にノーベル化学賞を受賞した米スクリプス研究所のシャープレス教授、環境に負荷をかけない合成法を研究する九州大の香月勗教授ら、企業や大学などの研究者たちが講演する。

 両日とも午前十時開演。入場無料。当日会場で申し込みできる。(引用:東京新聞)

不斉ジヒドロキシル化Sharpless教授、オレフィンメタセシスの権威であるSchrock教授不斉エポキシ化香月教授、光触媒の発見者、藤嶋昭氏、不斉触媒の開発を精力的に進めるJacobsen教授、水を溶媒とする有機合成反応の開発で小林修教授等が講演します。非常に著名人ばかりで注目できるシンポジウムです。

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  2. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  3. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  5. 大日本インキ、中国・上海に全額出資の物流会社
  6. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  7. ナノってなんて素敵ナノ
  8. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  2. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成
  3. ギンコライド ginkgolide
  4. 印象に残った天然物合成1
  5. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  6. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  7. キッチン・ケミストリー
  8. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”
  9. 物凄く狭い場所での化学
  10. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP