[スポンサーリンク]


危険ドラッグ、創薬化学

  1. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から

    「危険ドラッグ」の怖さは映像の力により世間に浸透しつつあります。しかし、指定薬物に指定されない新種の商品が次々登場し、それを使用する人々が大きな事故を起こすという悪循環が今も続いています。本投稿では、なぜ危ないのか、なぜ次々新しい化…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. あなたはどっち? 絶対立体配置
  2. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  3. ちょっと変わったイオン液体
  4. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke
  5. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  6. 感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より
  7. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

注目情報

最新記事

地球温暖化-世界の科学者の総意は?

今、世界が協力して取り組むべき最も重要な課題の一つは、地球温暖化と気候変動です。最近では、問題の緊急…

第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」Molly Shoichet教授

第62回の海外化学者インタビューは、モリー・ショイチェット教授です。トロント大学の化学工学・応用化学…

窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜

第251回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科・福井識人 助教にお願いしました。…

新型コロナウイルスの化学への影響

中国で症例が確認され、爆発的に患者が増えているコロナウイルスですが、いろいろな影響が世界中で出ていま…

青色LED励起を用いた赤色強発光体の開発 ~ナノカーボンの活用~

第250回のスポットライトリサーチは、北海道大学 長谷川研究室 特任講師の北川裕一(きたがわ ゆうい…

PAGE TOP