[スポンサーリンク]

M

マッテソン反応 Matteson Reaction

 

概要

α-ハロカルボアニオンを用いる有機ホウ素化合物の増炭反応。ホウ素化合物にキラル補助基を導入しておくことで不斉合成も行える。

基本文献

 

反応機構

参考:Tetrahedron: Asymmetry 1997, 8, 3711.

Matteson_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  2. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  3. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  4. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  5. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red…
  6. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム…
  7. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  8. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurizatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  2. ノーベル賞・田中さん愛大で講義
  3. イオン液体ーChemical Times特集より
  4. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  5. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  6. ベンゼン一つで緑色発光分子をつくる
  7. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  8. MRS Fall Meeting 2012に来ています
  9. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】
  10. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP