[スポンサーリンク]

M

マッテソン反応 Matteson Reaction

 

概要

α-ハロカルボアニオンを用いる有機ホウ素化合物の増炭反応。ホウ素化合物にキラル補助基を導入しておくことで不斉合成も行える。

基本文献

 

反応機構

参考:Tetrahedron: Asymmetry 1997, 8, 3711.

Matteson_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…
  2. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…
  3. ウギ反応 Ugi Reaction
  4. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  5. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimid…
  6. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  7. エルマンイミン Ellman’s Imine
  8. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  2. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination
  3. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  4. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  5. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  6. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  7. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  8. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  9. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  10. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP