[スポンサーリンク]

M

マッテソン反応 Matteson Reaction

 

概要

α-ハロカルボアニオンを用いる有機ホウ素化合物の増炭反応。ホウ素化合物にキラル補助基を導入しておくことで不斉合成も行える。

基本文献

 

反応機構

参考:Tetrahedron: Asymmetry 1997, 8, 3711.

Matteson_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  2. グレーサー反応 Glaser Reaction
  3. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…
  4. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  5. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  6. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  7. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…
  8. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement
  2. Xantphos
  3. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニオ)エチル : 2-(Methacryloyloxy)ethyl 2-(Trimethylammonio)ethyl Phosphate
  4. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  5. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  6. 乳がんを化学的に予防 名大大幸医療センター
  7. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartIII+薬学会も!
  8. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題
  9. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  10. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

PAGE TOP