[スポンサーリンク]

M

マッテソン反応 Matteson Reaction

 

概要

α-ハロカルボアニオンを用いる有機ホウ素化合物の増炭反応。ホウ素化合物にキラル補助基を導入しておくことで不斉合成も行える。

基本文献

 

反応機構

参考:Tetrahedron: Asymmetry 1997, 8, 3711.

Matteson_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  2. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclizati…
  3. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  4. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  5. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…
  6. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…
  7. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebesk…
  8. デーヴィス酸化 Davis Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 理系のための口頭発表術
  2. 事故を未然に防ごう~確認しておきたい心構えと対策~
  3. ヘリウムガスのはなし
  4. JACSベータ
  5. ちょっとキレイにサンプル撮影
  6. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  7. カフェイン caffeine
  8. デスソース
  9. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  10. 2016年4月の注目化学書籍

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP