[スポンサーリンク]

L

レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis

 

 概要

o-ニトロトルイジンからインドールを合成するための方法。DMFジメチルアセタールで増炭後、還元的に環化を行う。

基本文献

  • Batcho, A. D.; Leimgruber, W. Org. Synth. 198563, 214.
  • Clark, R. D.; Repke, D. B. Heterocycles 198422, 195.

 

反応機構

L_B_Indole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  2. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effec…
  3. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  4. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemica…
  5. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  6. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylborati…
  7. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  8. ワイス反応 Weiss Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  2. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO
  3. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  4. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  5. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で新設
  6. 世界初の有機蓄光
  7. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis
  8. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  9. シコニン
  10. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP