[スポンサーリンク]

L

レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis

[スポンサーリンク]

 

 概要

o-ニトロトルイジンからインドールを合成するための方法。DMFジメチルアセタールで増炭後、還元的に環化を行う。

基本文献

  • Batcho, A. D.; Leimgruber, W. Org. Synth. 198563, 214.
  • Clark, R. D.; Repke, D. B. Heterocycles 198422, 195.

 

反応機構

L_B_Indole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene …
  2. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reacti…
  3. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Eva…
  4. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  5. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…
  6. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  7. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol O…
  8. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Syn…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化
  2. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりスピーディに!
  3. 電子ノートか紙のノートか
  4. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  5. ジョージ・チャーチ George M. Church
  6. Molecules That Changed the World
  7. 高校教科書に研究が載ったはなし
  8. Pubmed, ACS検索
  9. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成
  10. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP