[スポンサーリンク]


無金属

  1. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する

    活性アルキンと、アルキンとニトリルの鎖状化合物から、形式的な付加環化により位置選択的に多置換ピリジンを合成した。ブレンステッド酸を加えることで、金属触媒を用いず、0 ℃から室温で反応が進行する。多置換ピリジン骨格の構築法ピリジン骨格…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?
  2. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  3. 書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~
  4. 第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)
  5. 高橋 雅英 Takahashi Masahide
  6. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  7. 9‐Dechlorochrysophaentin Aの合成と細胞壁合成阻害活性の評価

注目情報

最新記事

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

PAGE TOP