[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

山口健太郎 Kentaro Yamaguchi

山口健太郎 (やまぐちけんたろう、19xx年xx月xx日-)は、日本の分析化学者である(写真:解析化学研究室)。徳島文理大学香川校教授。

経歴

 

受賞歴

 

研究

コールドスプレーイオン化質量分析法(CSI-MS)の開発

非常な温和な条件でイオン化をおこなえる質量分析法の一種。超分子構造体など、きわめて不安定な化学種の測定に適している。

k_yamaguchi_2.jpg
(画像:JEOL)

関連文献

[1] 山口健太郎ほか、分析化学 200453, 457. [Link]

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans
  2. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic …
  3. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  4. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte
  5. ジョン・スティル John K. Stille
  6. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  7. 水島 公一 Koichi Mizushima
  8. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramak…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【悲報】HGS 分子構造模型 入手不能に
  2. サレン-Mn錯体
  3. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  4. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  5. コールドスプレーイオン化質量分析法 こーるどすぷれーいおんかしつりょうぶんせきほう Cold Spray Ionization Mass Spectrometry、CSI-MS
  6. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  7. ファイザーがワイスを買収
  8. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  9. アクリルアミド /acrylamide
  10. ノーベル化学賞まとめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP