[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

山口健太郎 Kentaro Yamaguchi

山口健太郎 (やまぐちけんたろう、19xx年xx月xx日-)は、日本の分析化学者である(写真:解析化学研究室)。徳島文理大学香川校教授。

経歴

 

受賞歴

 

研究

コールドスプレーイオン化質量分析法(CSI-MS)の開発

非常な温和な条件でイオン化をおこなえる質量分析法の一種。超分子構造体など、きわめて不安定な化学種の測定に適している。

k_yamaguchi_2.jpg
(画像:JEOL)

関連文献

[1] 山口健太郎ほか、分析化学 200453, 457. [Link]

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo…
  2. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  3. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…
  4. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  5. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies
  6. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgya…
  7. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauv…
  8. ジャスティン・デュボア Justin du Bois

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. BASFとはどんな会社?-2
  2. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  3. 小林 修 Shu Kobayashi
  4. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  5. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  6. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  7. 生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心
  8. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  9. ビオチン標識 biotin label
  10. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP