[スポンサーリンク]


Late-Stage Functionalization

  1. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成

    近年一大研究領域に発展しているC-H活性化型触媒反応。膨大な報告例がここ数年でなされてきていますが、多数の官能基を有する複雑天然物のような化合物合成に応用することは、未だ難しいとされています。そんな中でも開拓的な研究は徐々に…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 中村 修二 Shuji Nakamura
  2. 化学コミュニケーション賞2022が発表
  3. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  4. PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法
  5. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  6. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine
  7. 導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP