[スポンサーリンク]

ケムステニュース

金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も

米粒の十万分の一という極微小なハチの巣型ナノ微粒子の開発に、金大大学院自然科学研究科・工学部の高分子化学研究グループが成功し、特許を出願した。これまで合成が困難とされた大きさの微粒子で、医薬品や塗料などに応用できる。  開発したのは修士課程二年の尾関夏紀さん=富山県大山町出身=で、小西玄一助手、中本義章教授が指導した。「フェニレンメチレン」と呼ばれる核の周囲に、細胞やDNA、金属などと相性の良い高分子が覆う球状の微粒子で、壊れにくく、熱に強い性質を持っている。大きさは五十ナノメートル前後。安く大量に作れることを確認している。  これまでにないプラスチックの強化剤や、接着剤、塗料、化粧品に応用できるほか、ウイルスと同じ大きさのため、人工ウイルスを作成して、がんやインフルエンザの医薬品を創成したり、診断キットの材料になる可能性があるという。(引用:北国新聞

 

フェニレンメチレンですからポリマーでしょうか?話は変わりますがこの北国新聞、大学の研究に関しての記事が多いですね。地元の大学の研究をよく紹介しています。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  2. 分子の動きを電子顕微鏡で観察
  3. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  4. 相次ぐ海外化学企業の合併
  5. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  6. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売…
  7. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  8. 室温で液状のフラーレン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibutyl-1,10-phenanthroline
  2. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング
  3. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  4. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol Oxidative Cleavage
  5. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  6. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  7. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  8. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  9. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)
  10. ピセン:Picene

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵母菌に小さなソーラーパネル

Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

PAGE TOP