[スポンサーリンク]

ケムステニュース

金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も

米粒の十万分の一という極微小なハチの巣型ナノ微粒子の開発に、金大大学院自然科学研究科・工学部の高分子化学研究グループが成功し、特許を出願した。これまで合成が困難とされた大きさの微粒子で、医薬品や塗料などに応用できる。  開発したのは修士課程二年の尾関夏紀さん=富山県大山町出身=で、小西玄一助手、中本義章教授が指導した。「フェニレンメチレン」と呼ばれる核の周囲に、細胞やDNA、金属などと相性の良い高分子が覆う球状の微粒子で、壊れにくく、熱に強い性質を持っている。大きさは五十ナノメートル前後。安く大量に作れることを確認している。  これまでにないプラスチックの強化剤や、接着剤、塗料、化粧品に応用できるほか、ウイルスと同じ大きさのため、人工ウイルスを作成して、がんやインフルエンザの医薬品を創成したり、診断キットの材料になる可能性があるという。(引用:北国新聞

 

フェニレンメチレンですからポリマーでしょうか?話は変わりますがこの北国新聞、大学の研究に関しての記事が多いですね。地元の大学の研究をよく紹介しています。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  2. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  3. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  4. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  5. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 &#…
  6. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  7. ヘリウム不足再び?
  8. ねじれがあるアミド

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  2. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用
  3. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  4. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  5. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  6. 目が見えるようになる薬
  7. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  8. エリック・メガース Eric Meggers
  9. 【2分クッキング】シキミ酸エスプレッソ
  10. マーティン・カープラス Martin Karplus

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP