[スポンサーリンク]

一般的な話題

プロ格闘ゲーマーが有機化学Youtuberをスポンサー!?

[スポンサーリンク]

ゲーマーが有機化学にスポンサード??

YouTubeで大学有機化学の講義動画発信をされている諸藤達也(もろぴー)さんは、プロ格闘ゲーマーの梅原大吾(ウメハラ)さんからスポンサードを受けることを発表しました。

スポンサードの経緯

ウメハラさんによって企画されたオーディション企画「俺を獲れ」に出演したもろぴーさんが、プレゼンの結果、月一万円のスポンサー支援を勝ちとったようです。まさかこれまで有機化学に全く縁がなかったであろうプロ格闘ゲーマーのウメハラさんが、有機化学YouTuberを支援するとは驚きです。

YouTube: オーディション企画 俺を獲れ 【フル版】(https://www.youtube.com/watch?v=4yYwptGlXwk&)より引用

ケムステ読者の中にはウメハラさんのことを知らない方も多くいると思うので、簡単にご紹介いたします(恥ずかしながら著者も全く存じ上げておりませんでしたが、とんでもなくすごい人です……!)。

ウメハラさん 略歴

https://www.mbs.jp/mbs-column/entmbs/archive/2019/01/23/015633.shtml より引用

11歳から台風の日もゲームセンターに通い、15歳でヴァンパイアセイヴァー日本一、17歳でストリートファイター世界一になる。当時プロゲーマーという職種は日本にないこともあり、輝かしい戦績にも関わらず、2005年ごろから格闘ゲームの世界から距離を徐々に取り始め、雀荘での勤務を経て介護業界で働いていた。

実質格闘ゲームから引退していたものの、2009年アメリカで開催された格闘ゲームの世界大会「EVO」で優勝。ブランクにも関わらず圧倒的に勝ち続け、Mad catsとスポンサード契約を結ぶに至り、日本で初めてのプロゲーマーとなった。

そして2023年の現在に至るまで、第一線のトッププロ格闘ゲーマーであり、e-sports業界をけん引し続けている。

 

筆者が最も印象深かったのは「勝ち続けるために自分を飽きさせない」という考え方です。

どんなに楽しい、好きなことでも自分に成長が感じられなければ飽きてしまい成長が止まる。

いかに自分を飽きさせず成長を続けられるか、という考え方は格闘ゲーマーと研究者という違いはあるかもしれないですが見習うべき点が多すぎると感銘を受けました。

そんな偉大な格闘ゲーマーのウメハラさんがなぜ、一見格闘ゲームと無関係な有機化学という学問分野のYouTuberを支援することにしたのでしょうか?ゲーム×学問というのはあまりに不思議なコラボレーションに見えます。そして、そもそもなぜもろぴーさんはオーディション企画に参加しようと考えたのでしょうか?

勢い余ってもろぴーさんにインタビューをしてしまいました。

 もろぴー さんより

アカデミアの研究者は「人まねはしてはならない」や「自分の信じた道を進まねばならない」とよく言います。この言葉を研究者よりも実践してきた人物がウメハラさんです。ゲームが社会的に認められていなかった時代に誰よりも格闘ゲームを追求し、日本で初めて「ゲームをすること」を職業にしたパイオニアです。有機化学と格闘ゲーム、確かに分野は違いますが、一つの道を追求して新たな世界を切り拓く生き方は、我々有機化学の研究者にとっても参考にならないはずがありません。

この度、光栄にもウメハラさんからYouTube活動をスポンサードしていただけることになったので、「有機化学を勉強していてウメハラさんを知らない人間はいない世界」を目指して活動をしていきたいと思います。

「ゲーム×学問」は最初意外な組み合わせのようにも感じましたが、熱中し、学び研鑽し続けるという点は研究者にも共通すると感じました。

また様々な方から化学へ関心をもってもらうという点でも、格闘ゲームのトップランナーであるウメハラさんが有機化学YouTuberを支援することは非常に意義深いのではないでしょうか?

最後になりますが、お忙しい中コメントをいただきましたもろぴーさん、ありがとうございました!

KeN

投稿者の記事一覧

大学教員→企業研究者。自分の知らない化学に触れ、学び、楽しみ続けたいです。

関連記事

  1. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  2. 研究者よ景色を描け!
  3. 「全国発明表彰」化学・材料系の受賞内容の紹介(令和元年度)
  4. 複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンス…
  5. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
  6. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~
  7. 力学的エネルギーで”逆”クリック!
  8. 日本化学会がプロモーションムービーをつくった:ATP交流会で初公…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  2. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  3. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  4. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  5. アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!
  6. マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(2)
  7. インドール一覧
  8. 科学とは「未知への挑戦」–2019年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞
  9. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa
  10. チャド・マーキン Chad A. Mirkin

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP