[スポンサーリンク]


2005年 10月 31日

  1. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

    米ライス大によると、同国のノーベル賞受賞化学者、リチャード・スモーリー氏が28日、がんのためテキサス州ヒューストンの病院で死去した。62歳。1943年米オハイオ州生まれ。ミシガン大卒業後、プリンストン大などを経て、ライス大教授。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エノキサシン:Enoxacin
  2. Kindle Paperwhiteで自炊教科書を読んでみた
  3. 第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」を開催します!
  4. リンダウ会議に行ってきた④
  5. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
  7. 「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

PAGE TOP