[スポンサーリンク]

化学者

R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

リチャード・スモーリー

米ライス大によると、同国のノーベル賞受賞化学者、リチャード・スモーリー氏が28日、がんのためテキサス州ヒューストンの病院で死去した。62歳。1943年米オハイオ州生まれ。ミシガン大卒業後、プリンストン大などを経て、ライス大教授。炭素原子60個からなるサッカーボール型の分子、カーボン60を初めて合成し、超電導、材料科学に関連する新分野を開拓したとして、96年にノーベル化学賞を英国のハロルド・クロート氏らと共同で受賞。その後もナノテクノロジー分野の発展に尽力した。(引用:産経新聞)

 

フラーレン(Fullerene)はグラファイト(黒鉛)・ダイヤモンドに次ぐ第三の炭素の総称です。フラーレンを構成する原子は黒鉛中の炭素と同じ種類ですが、60個以上の炭素原子が強く結合して球状あるいは、チューブ状に閉じたネットワーク構造を形成しています。

リチャード・スモーリ(Richard Smalley)は1985年にフラーレンを発見し、ノーベル化学賞を受賞しています。ご冥福をお祈りいたします。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2007年秋の褒章
  2. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  3. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  4. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  5. アラン・マクダイアミッド氏死去
  6. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  7. 秋の褒章2011-化学
  8. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  2. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりスピーディに!
  3. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  4. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination
  5. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  6. ケミカル・アリに死刑判決
  7. 機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム
  8. Org. Proc. Res. Devのススメ
  9. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  10. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

君はPHOZONを知っているか?

唐突ですがスマホでゲームやりますか?筆者はファミコン世代ということもあり、様々なゲームをやってき…

ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

ゴードン会議の参加体験記とボストン周辺の滞在記について書いています。さて、前回のPart I…

ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

科学のオープン化推進の試みが各国で進められており、日本でも研究成果を基本的に全面公開しようとする動き…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP