[スポンサーリンク]


2006年 11月 25日

  1. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見

     植物の"硫黄代謝"を調節する転写因子を発見-転写因子「SLIM1」が、がん予防効果のある天然硫黄成分量を調節-独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、硫黄代謝に異常があるシロイヌナズナの突然変異株を解析し、がん予防効果が…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 一流の化学雑誌をいかにしてつくるか?
  2. 乙種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編
  3. 第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授
  4. 金属材料・セラミックス材料領域におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用
  5. ユシロ化学工業ってどんな会社?
  6. 地球外生命体を化学する
  7. ふにふにふわふわ☆マシュマロゲルがスゴい!?

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP