[スポンサーリンク]

会告

ケムステV年末ライブ & V忘年会2021を開催します!

[スポンサーリンク]

2021年も残すところ二週間。毎年毎年本当にあっという間だなあと思うわけですが、振り返ってみると意外といろんなことがあったようにも思えます。ケムステの活動も、昨年YouTubeデビューしてから今年も引き続き様々な活動を展開しています。ここらでちょっと振り返ってみるのも一興でしょう。

というわけで、今年もやります!

ケムステV年末ライブ & V忘年会2021!! 

昨年と同様の、今年の振り返り+アクセスランキングベスト10の発表に加えて、ケムステDIYコンテストの結果発表などをしていきたいと思っています。そして続く希望者参加型のV忘年会も開催します!

V年末ライブは登録不要のYouTubeライブ、(V忘年会は要登録・会場はSpatialChat, 人数によってはGather.town)を使います。詳細は以下をご参照ください!

実施概要

「ケムステV年末ライブ – 2021年のケムステを振り返る –

開催日:2021年12月26日(日)18:00 〜 19:00
会場:オンライン(YouTube Live配信、登録不要
会場URL:https://youtu.be/zRPF6bs9bq0
内容:
・開幕のご挨拶
・大雑把な今年の振り返り
・ケムステDIYコンテスト受賞者発表
・記事アクセスランキングベスト10の発表
・閉幕のご挨拶 & 後に続くV忘年会の案内

ケムステV忘年会2021

開催日:2021年12月26日(日)20:00 〜 22:00に中締め、入退出自由

会場:SpatialChatもしくはGather.townで作製したバーチャル懇親会空間

定員:最大50名(途中参加・退出自由)
*connpassで登録いただけた方に、19:30過ぎに懇親会用のURLとパスワードを送付します。

参加費:無料

参加登録:Connpassイベントページで行ってください・当日19:30まで受付Connpass利用ガイドはこちら

参加登録はこちら

開幕の挨拶&振り返り、ケムステDIYSNSコンテストの受賞作発表、昨年同様アクセスランキングTOP10の発表(例えば2021年はこちら)と、昨年よりもパワーアップしたV年末ライブをお届けします! 気が向く方は気軽にアクセスしてみてください。YouTubeのチャットコメントはリアルタイムに見ながらやっていくつもりですので、是非盛り上げるのに参加していただけると幸いです!

ケムステYoutubeチャンネルのチャンネル登録をして、リマインダー設定をしておくと忘れずに済むと思います。

チャンネル登録後リマインダーを設定しておくと便利です。

ケムステV忘年会2021は、ケムステスタッフも参加するV忘年会です。現時点で代表・副代表はもちろん、筆者を含むケムステスタッフが10人以上参加予定です! しゃべってみたいスタッフがいる方や、ぽっかり年末の予定が空いて気が向いた方など、気軽にご登録ください! 登録いただけた方には当日に会場URLをお送りします。

今年も思ったよりCOVIDがしつこくて引き続き大変な年だったと思いますが、明るい気持ちで年越しを迎えられればと思います。多くの方の参加をお待ちしています!

V年末ライブURL

関連リンク

昨年の様子:ケムステV年末ライブ & V忘年会2020を開催します!

spectol21

投稿者の記事一覧

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JK。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

関連記事

  1. 今こそ天然物化学☆ 天然物化学談話会2021オンライン特別企画
  2. 金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高…
  3. 外国人研究者あるある
  4. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)
  5. 電気化学ことはじめ(2) 電位と電流密度
  6. 高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる
  7. 海外学会出張でeSIMを使ってみました
  8. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・G…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  2. アロタケタールの全合成
  3. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する
  4. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  5. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama
  6. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  7. 反応開発における顕著な功績を表彰する「鈴木章賞」が創設 ―北海道大学化学反応創成研究拠点(ICReDD)―
  8. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  9. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe
  10. ケミカル・アリに死刑判決

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP