[スポンサーリンク]


2009年 7月 05日

  1. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)

     化合物を精製後スペクトルを測定し構造を決定するという作業は,有機合成化学者にとって日常茶飯事だと思います.ところが「構造決定のためにきれいなNMRスペクトルを測定したいのに目的物を単離することができない!!」という経験をしたことはありませ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジョン・スティル John K. Stille
  2. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~
  3. rhodomolleins XX と XXIIの全合成
  4. グローブボックスあるある
  5. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  7. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム

注目情報

最新記事

三井化学、DXによる企業変革の成果を動画で公開

三井化学株式会社は、常務執行役員 CDO 三瓶 雅夫による、三井化学グループ全社でのDX推進の取り組…

消光団分子の「ねじれ」の制御による新たな蛍光プローブの分子設計法の確立

第444回のスポットライトリサーチは、東京大学薬学部/大学院薬学系研究科 薬品代謝化学教室に在籍され…

マテリアルズ・インフォマティクスの手法:条件最適化に用いられるベイズ最適化の基礎

開催日:2022/11/30  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

製薬系企業研究者との懇談会

日本薬学会医薬化学部会にある創薬ニューフロンティア(NF)検討会は,「学生のモチベーションやキャリア…

電子1個の精度で触媒ナノ粒子の電荷量を計測

第443回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門 超顕微解析研究…

PAGE TOP