[スポンサーリンク]


2009年 8月 19日

  1. サラシノール/Salacinol

    サラシノールとは?サラシノールは、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するツル性の植物であるサラシアより単離、構造決定された化合物です。サラシアの根部や幹は、インドに古くから伝わる伝承医学であるアーユルヴェーダの有用…

  2. サラシノール salacinol

    サラシノール(salacinol)は、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するツ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 公募開始!2020 CAS Future Leaders プログラム(2020年1月26日締切)
  2. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  3. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOKYO研修プログラム第2回)
  4. ジボラン(diborane)
  5. 有機合成化学協会誌2024年1月号:マイクロリアクター・官能基選択的水和・ジラジカル・フルオロフィリック効果・コバレントドラッグ
  6. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  7. マイクロ波を用いた革新的製造プロセスと環境/化学領域への事業展開 (プラスチック分解/油化、ゼオライト合成、石油化学系気固反応、エステル/アミド合成など)

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP