[スポンサーリンク]

サプリメント

サラシノール/Salacinol

 

サラシノールとは?

サラシノールは、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するツル性の植物であるサラシアより単離、構造決定された化合物です。サラシアの根部や幹は、インドに古くから伝わる伝承医学であるアーユルヴェーダの有用植物として特に糖尿病の治療に有効であると伝承されてきました。これはサラシノール等が糖の分解を阻害し、小腸で糖の吸収を抑制するためです。古くからカロリーの高い贅沢な食事をしていた人たちは、健康維持のため食事の際にサラシアを煎じて飲んでいたと言われています。

サラシノールはダイエット食品成分として活躍

 

さて、以前からサラシア茶などの健康食品が販売されていましたが、最近富士フィルム株式会社から、主成分にサラシア抽出物を用いたダイエット食品、メタバリアが発売されました。そのため、サラシノールは一般の人も聞いたことがある化合物ではないでしょうか。
ところで、カメラ会社がサプリメントを販売したことに、驚かれた方も多いのではないかと思います。しかし、富士フィルムはこれまでフィルムの研究により、化粧品分野で有効活用できる技術を持っていたのです!!例えば、カラー写真プリントの色褪せを防ぐ抗酸化技術は、アンチエンジングにつながります。さらに写真フィルムの主原料であるゼラチンは、コラーゲンから抽出した化合物であり、コラーゲンを扱う技術も持ち合わせていました。さらにはナノテクノロジーなど、化粧品分野で有効活用できる技術を既に複合していました。その応用展開によって、他社と差別化したユニークな商品を開発・販売しています。フィルムと化粧品の開発技術は、無関係に思われますが、化学の目で見ると同じ分野の研究であり、深い関わりがあったのですね。

全合成

サラシノールは、優れた生理活性に加え、興味深い構造を有しており、合成化学者により全合成が達成されています。

A New Class of Glycosidase Inhibitor: Synthesis of Salacinol and Its Stereoisomers

Ghavami, A.; Johnston, B. D.; Pinto, B. M. J. Org. Chem. 2001, 66, 2312. DOI: 10.1021/jo001444g

関連書籍

 

関連商品

 

外部リンク

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. サリチル酸 (salicylic acid)
  2. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,…
  3. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  4. メントール /menthol
  5. カリックスアレーン /calixarene
  6. リベロマイシンA /Reveromycin A
  7. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate…
  8. イレッサ /iressa (gefitinib)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  2. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  3. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  4. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より
  5. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)
  6. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応
  7. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶
  8. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  9. 京都賞―受賞化学者一覧
  10. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP