[スポンサーリンク]

サプリメント

サラシノール salacinol

 

サラシノール(salacinol)は、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するツル性の植物であるサラシアより単離、構造決定された化合物です。ダイエットサプリメントとして使われています。

サラシアの根部や幹は、インド伝承医学であるアーユルヴェーダにおいて、特に糖尿病の治療に有効であると伝承されてきました。これはサラシノール等が糖の分解を阻害し、小腸で糖の吸収を抑制するためです。古くからカロリーの高い贅沢な食事をしていた人たちは、健康維持のため食事の際にサラシアを煎じて飲んでいたと言われています。
以前からサラシア茶などの健康食品が販売されていましたが、最近富士フイルム株式会社から、主成分にサラシア抽出物を用いたダイエット食品、メタバリアが発売されました。
metabalia
カメラ会社がサプリメントを販売したことに、驚かれた方も多いのではないかと思います。
富士フイルムはフィルムに関する化学的研究の蓄積があります。これは、化粧品・ヘルスケア分野でも活用できる技術にもなるのです!!例えば、カラー写真プリントの色褪せを防ぐ抗酸化技術は、アンチエンジングにつながります。さらに写真フィルムの主原料であるゼラチンは、コラーゲンから抽出した化合物であり、コラーゲンを扱う技術も持ち合わせていました。さらにはナノテクノロジーなど、化粧品分野で有効活用できる技術を既に複合していました。その応用展開によって、他社と差別化したユニークな商品を開発・販売しています。両方とも化学の目で見ると同じ分野の研究であり、深い関わりがあったのですね。

 全合成

サラシノールは、優れた生理活性に加え、興味深い構造を有しているため、全合成研究の標的にもなっています。

jo001444gn00001

 “A New Class of Glycosidase Inhibitor: Synthesis of Salacinol and Its Stereoisomers”

Ghavami, A.; Johnston, B. D.; Pinto, B. M. J. Org. Chem. 2001, 66, 2312. DOI: 10.1021/jo001444g

 関連書籍&商品

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  2. アデノシン /adenosine
  3. ピラーアレーン
  4. セレノネイン selenoneine
  5. イベルメクチン /Ivermectin
  6. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  7. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  8. ククルビットウリル Cucurbituril

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2010年イグノーベル賞決定!
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  4. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  5. 2008年イグノーベル賞決定!
  6. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction
  7. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  8. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  9. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis
  10. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP