[スポンサーリンク]


2009年 12月 05日

  1. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応

    Ligand-Enabled Reactivity and Selectivity in a Synthetically Versatile Aryl C-H OlefinationWang, D.-H.; Engle,…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  2. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  3. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション
  4. ケムステV年末ライブ2023を開催します!
  5. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  6. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  7. ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

PAGE TOP