[スポンサーリンク]


2009年 12月 05日

  1. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応

    Ligand-Enabled Reactivity and Selectivity in a Synthetically Versatile Aryl C-H OlefinationWang, D.-H.; Engle,…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  2. ハートウィグ有機遷移金属化学
  3. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  4. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)
  6. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授
  7. ゲルのやわらかさの秘密:「負のエネルギー弾性」を発見

注目情報

最新記事

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

PAGE TOP