[スポンサーリンク]


2010年 1月 06日

  1. ワートン反応 Wharton Reaction

    概要α,β-エポキシケトンをヒドラジンで処理すると、エポキシドが開環してアリルアルコールが得られる。スルホニルヒドラジンを代わりに用いると、開裂を起こす(Eshcenmoser-Tanabe開裂)。 (さらに&h…

  2. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction

    カルボン酸誘導体 → アルデヒド概要酸クロリドを接触水素化することで、ア…

  3. 2009年10大分子発表!

     2009年12月29日、30日という年末に2010年化学10大ニュース【PartI】【Pa…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブラックマネーに御用心
  2. ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜
  3. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製
  4. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~
  5. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!
  6. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction
  7. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【終了】

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP