[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ワートン反応 Wharton Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

α,β-エポキシケトンをヒドラジンで処理すると、エポキシドが開環してアリルアルコールが得られる。スルホニルヒドラジンを代わりに用いると、開裂を起こす(Eshcenmoser-Tanabe開裂)。

基本文献

 

反応機構

wharton_2.gif

反応例

OSW-1の合成[1] wharton_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Yu, W.; Jin, Z. J. Am. Chem. Soc. 2002124, 6576. DOI: 10.1021/ja012119t

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Brid…
  2. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  3. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  4. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…
  5. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduc…
  6. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環およ…
  7. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …
  8. グロブ開裂 Grob Fragmentation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  2. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  3. 博士課程学生の経済事情
  4. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成
  5. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  6. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  7. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabotinsky(BZ) Reaction
  8. 不正の告発??
  9. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  10. ケムステイブニングミキサー2016を終えて

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP