[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ワートン反応 Wharton Reaction

 

概要

α,β-エポキシケトンをヒドラジンで処理すると、エポキシドが開環してアリルアルコールが得られる。スルホニルヒドラジンを代わりに用いると、開裂を起こす(Eshcenmoser-Tanabe開裂)。

基本文献

 

反応機構

wharton_2.gif

反応例

OSW-1の合成[1] wharton_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Yu, W.; Jin, Z. J. Am. Chem. Soc. 2002124, 6576. DOI: 10.1021/ja012119t

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination
  2. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull …
  3. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  4. プラトー反応 Prato Reaction
  5. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…
  6. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentati…
  7. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  8. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  2. スタチンのふるさとを訪ねて
  3. 藤田 誠 Makoto Fujita
  4. EUで化学物質規制のREACHが施行
  5. 2008年イグノーベル賞決定!
  6. レッドブルから微量のコカインが検出される
  7. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  8. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  9. カラムやって
  10. Reaxys体験レポート反応検索編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP