[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction

カルボン酸誘導体 → アルデヒド

 

概要

酸クロリドを接触水素化することで、アルデヒドに還元できる。無水溶媒、かつ硫酸バリウムなどで被毒させた触媒を用いる事が、副反応を防ぐために重要となる。

基本文献

  • Rosenmund, K. W. Chem. Ber. 1918, 51, 585. doi:10.1002/cber.19180510170
  • Rosenmund, K. W., Zetzsche, F. Chem. Ber. 192154, 425, 638, 1092, 2033, 2038.
  • Mosettig, E.; Mozingo, R. Org. React. 19484, 362.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  2. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  3. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…
  4. マイヤー・シュスター転位/ループ転位 Meyer-Schuste…
  5. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 H…
  6. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  7. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  8. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  2. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラート:Triphenyl-2,6-xylylbismuthonium Tetrafluoroborate
  3. バニリン /Vanillin
  4. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation
  5. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  6. 堀場雅夫 Masao Horiba  
  7. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)
  8. 有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ
  9. チアミン (thiamin)
  10. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP