[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction

カルボン酸誘導体 → アルデヒド

 

概要

酸クロリドを接触水素化することで、アルデヒドに還元できる。無水溶媒、かつ硫酸バリウムなどで被毒させた触媒を用いる事が、副反応を防ぐために重要となる。

基本文献

  • Rosenmund, K. W. Chem. Ber. 1918, 51, 585. doi:10.1002/cber.19180510170
  • Rosenmund, K. W., Zetzsche, F. Chem. Ber. 192154, 425, 638, 1092, 2033, 2038.
  • Mosettig, E.; Mozingo, R. Org. React. 19484, 362.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. コープ転位 Cope Rearrangement
  2. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…
  3. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  4. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  5. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  6. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  7. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  8. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然バナジウム化合物アマバジンの奇妙な冒険
  2. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation
  3. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt
  4. 私が思う化学史上最大の成果-2
  5. 北川 進 Susumu Kitagawa
  6. 春田 正毅 Masatake Haruta
  7. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  8. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  9. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015
  10. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP