[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction

カルボン酸誘導体 → アルデヒド

 

概要

酸クロリドを接触水素化することで、アルデヒドに還元できる。無水溶媒、かつ硫酸バリウムなどで被毒させた触媒を用いる事が、副反応を防ぐために重要となる。

基本文献

  • Rosenmund, K. W. Chem. Ber. 1918, 51, 585. doi:10.1002/cber.19180510170
  • Rosenmund, K. W., Zetzsche, F. Chem. Ber. 192154, 425, 638, 1092, 2033, 2038.
  • Mosettig, E.; Mozingo, R. Org. React. 19484, 362.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpac…
  2. ストーク エナミン Stork Enamine
  3. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol React…
  4. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Reso…
  5. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementow…
  6. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffl…
  7. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synt…
  8. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Re…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  2. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  3. テトラセノマイシン類の全合成
  4. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis
  5. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation
  6. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  7. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される
  8. ご注文は海外大学院ですか?〜渡航編〜
  9. アルコールを空気で酸化する!
  10. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP