[スポンサーリンク]


2010年 1月 20日

  1. 「医薬品クライシス」を読みました。

     有機化学美術館でもおなじみの佐藤健太郎氏から、待望の新著「医薬品クライシス―78兆円市場の激震 (新潮新書) 」が発刊されました。「有機化学美術館へようこそ」「化学物質はなぜ嫌われるのか」に続く3冊目となる本作品を早速手に入れまし…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 人物でよみとく化学
  2. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  3. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応
  4. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  5. TLCと反応の追跡
  6. 無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功
  7. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

注目情報

最新記事

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

PAGE TOP