[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化で

[スポンサーリンク]

 三菱化学<4010>は13日、代表的な合成繊維のナイロン原料となるカプロラクタムの外販事業の中長期的な収益改善が見込めないとして、2005年3月末で同事業から撤退すると発表した。撤退に伴い、黒崎営業所(北九州市)のカプロラクタム2系列(年産11万トン)のうち、1系列(同5万トン)の稼働率を2005年4月から縮小、同年9月末に製造を停止するとしている。

また、同営業所で製造しているシクロヘキサノン(カプロラクタムの中間原料)はウレタン原料や電子材料用特殊用材として今後、需要が期待されることから、生産量を維持、国内やアジアへの拡販を目指すとしている。(引用:ライブドアニュース

 

カプロラクタムやめちゃうんですね。カプロラクタムというとナイロン6の原料でシクロヘキサノンのBeckmann転位 で合成します。
高校でも習う?バルク化合物の生産中止はなんとなくさびしい気がしますね。

 

 関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  2. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  3. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  4. 新薬と併用、高い効果
  5. 化学 2005年7月号
  6. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  7. 塩野義 抗インフルエンザ薬製造・販売の承認を取得
  8. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  2. 2009年10大化学ニュース【Part2】
  3. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  4. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–
  5. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より
  6. 無限の可能性を秘めたポリマー
  7. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  8. 2013年就活体験記(1)
  9. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜
  10. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

[書評]分子の薄膜化技術

概要スマートフォンや大型ディスプレイに搭載されている有機ELは、1980年代から世界中で熾烈…

【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に99年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP