[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ギルバート・ストーク Gilbert Stork

[スポンサーリンク]

ギルバート・ストーク(Gilbert Stork、1921年12月31日-2017年10月21日)は、アメリカの有機化学者である。米コロンビア大学名誉教授(写真:東京大学理学研究科)。

経歴

1921年ベルギーのブリュッセルに生まれる。

1942 フロリダ大学 卒業
1945 ウィスコンシン・マディソン大学 博士号取得 (Samuel M. McElvain教授)
1946-1948  ハーバード大学 インストラクター
1948-1953  ハーバード大学 講師
1953-1955  コロンビア大学 助教授
1955-1967  コロンビア大学 教授
1967-1993 コロンビア大学 ユージーン・ヒンギス教授
1993-   コロンビア大学 名誉教授

受賞歴

1957 ACS Award in Pure Chemistry
1959 Guggenheim Foundation Fellow
1961 Baekeland Medal
1962 Harrison Howe Award
1966 Edward Curtis Franklin Memorial Award
1967 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry
1971 Synthetic Organic Chemical Manufactures Association Gold Medal
1973 Nebraska Award
1978 Roussel Prize
1980 Nichols Medal,
1980 アーサー・C・コープ賞
1982 Edgar Fahs Smith Award
1982 Willard Gibbs Medal
1982 National Academy of Sciences Award in Chemical Sciences
1983 National Medal of Science
1983 Pauling Award
1985 Tetrahedron Prize
1986 Remsen Award
1986 Cliff S. Hamilton Award
1987 Monie A Ferst Award and Medal
1991 ロジャー・アダムス賞
1992 George Kenner Award
1992 Robert Robinson Lectureship
1992 Chemical Pioneer Award
1993 ウェルチ化学賞
1994 Allan R. Day Award
1995 ウルフ賞
2002 D. H. Barton Medal
2003 野依賞

 

研究概要

エナミンを用いる有機合成法の開拓

1954年にはじめてエナミンとハロゲン化アルキルからアルキル化されたケトンを合成し、現在ではStorkのエナミン合成として知られている[1]

n-on-13.gif

エノラートの化学

エノラートの単離からはじまり、ケイ素試薬の合成化学的な利用を促した。

1. シリルエーテルの合成[2]

エノラートをTBS基で補足しトラップしケトンからシリルエーテルを合成、その後MeLiと反応させることでリチウムエノラートを生成

2. Stork-Danheiser 合成 [3]

3. Stork-Ganem試薬[4]

4. Stork-Colvin試薬[5]

 

キニーネの立体選択的合成

ウッドワードの合成以来手つかずであったキニーネの立体選択的合成を世界で初めて成功させた。[6]

mol_quinine_1.gif

名言集

 

コメント&その他

  • 1979年から合成を開始し2000年まで15名の学生と多数のポスドクが関わった天然物ゲルミンの合成研究。一度は断念したが、2010年から遺作として考え、再び研究を開始しました。残念ながら全合成には至りませんでしたが、 (±)-4-methylenegermine の合成をOrganic Letterに報告しました(記事:Gilbert Stork最後の?論文)。残念ながらこれが本当の遺作となってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。
  • 中村栄一先生、Jeffery D. Winkler, Varinder K Aggarwalの連名でAngewante, Int. Ed.誌に追悼記事が掲載されています。DOI:10.1002/anie.201711474

関連動画

 

関連文献

  1. (a) Stork, G.; Terrell, R.; Szmuszkovicz, J. J. Am. Chem. Soc. 1954, 76, 2029. DOI: 10.1021/ja01636a103 (b) Stork, G.; Landesman, H. J. Am. Chem. Soc. 195678, 5128. DOI: 10.1021/ja01600a087 (c) Stork, G.; Brizzolara, A.; Landesman, H.; Szmuszkovics, J.; Terrell, R. J. Am. Chem. Soc. 196385, 207. DOI: 10.1021/ja00885a021
  2. (a) Stork, G.; Hudrlik, P. F. J. Am. Chem. Soc. 1968. 90, 4462. DOI: 10.1021/ja01018a051 (b) Stork, G.; Hudrlik, P. F. J. Am. Chem. Soc. 196890, 4464. DOI: 10.1021/ja01018a052
  3. Stork, G.; Danheiser, R. L. J. Org. Chem. 1973, 38, 1775. DOI: 10.1021/jo00949a048
  4. Stork, G.; Ganem, B. J. Am. Chem. Soc. 1973, 95, 6152. DOI: 10.1021/ja00799a072
  5. Stork, G.; Jung, M. E. J. Am. Chem. Soc. 1974, 96, 3682. DOI: 10.1021/ja00818a070
  6. Stork, G.; Niu, D.; Fujimoto, A.; Koft, E. R.; Balkovec, J. M.; Tata, J. R.; Dake, G. R. J Am Chem Soc 2001, 123, 3239. DOI: 10.1021/ja004325r

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  2. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda
  3. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  4. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  5. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  6. ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew
  7. 千田憲孝 Noritaka Chida
  8. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)
  3. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授
  4. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授
  5. やっぱりリンが好き
  6. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  7. 島津製作所 創業記念資料館
  8. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  9. ニュースタッフ参加
  10. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

抗リーシュマニア活性を有するセスキテルペンShagene AおよびBの全合成研究

第362回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院農学研究科(入江研究室)・八木田凌太郎さんにお願…

マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

見逃し配信のお申込みはこちら■概要2021年10月13日に開催されたウェブセミナー「マテ…

第3の生命鎖、糖鎖の意味を解明する!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー③】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP