[スポンサーリンク]

chemglossary

FBDD Fragment Based Drug Discovery

 

 

FBDD(Fragment Based Drug DiscoveryまたはFragment Based Drug Design)は、2000年代の初頭から基礎が出来上がり発達してきた低分子生理活性物質の開発手法である。

標的タンパク質と効率よく結合する分子を見つけることを最優先し、フラグメントと呼ばれる分子量300未満の小さな分子のスクリーニングから始まることが特徴。これらのフラグメントは一般に生理活性をほとんど持たず、通常のアッセイでは評価できない。そのため、NMRやX線結晶構造解析などの生物物理学的な検出手法を用いる。

 

 

メリット
・比較的少数のフラグメントを用いて、空間的に小さなポケットを精密に探索することが可能
・薬理活性の弱いフラグメントを出発点にしても、自由度の高いメディシナルケミストリーによって活性の向上をスピーディに実現できる

 

デメリット
・NMRやX線結晶構造解析など、複数の解析を組み合さなければいけない
・標的タンパク質の大量調整が必要である

 

現在、FBDDはハイスループットスクリーニングと相補的な生理活性物質の開発手法として、多くの製薬企業において運用されている。

 

  • 参考文献・関連文献
[1] “A decade of fragment-based drug design: strategic advances and lessons learned” Philip J. Hajduk and Jonathan Greer Nature Reviews 6(3), 211-219
[2] “Fragment-Based Drug Discovery : その概念と狙い” 田中大輔 YAKUGAKU ZASSHI 130(3) 315-323
[3] “Fragment-Based Drug DiscoveryのためのNMRスクリーニング” 半沢宏之,滝沢剛 YAKUGAKU ZASSHI 130(3) 325-333
[4] “The rise of fragment-based drug discovery” Christopher W. Murray and David C. Rees Nature Chemistry 1(3) 187-192
[5] “Allosteric non-bisphosphonate FPPS inhibitors identified by fragment-based discovery” Wolfgang Jahnke, Jean-Michel Rondeau, Simona Cotesta, Andreas Marzinzik, Xavier Pellé, Martin Geiser, André Strauss, Marjo Götte, Francis Bitsch, René Hemmig, Chrystèle Henry, Sylvie Lehmann, J Fraser Glickman, Thomas P Roddy, Steven J Stout & Jonathan R Green Nature Chemical Biology 6(9), 660–666

 

  • 関連書籍

 

  • 関連リンク

小さな分子からの創薬:Fragment-Based Drug Discovery

Piece by Piece (C&EN)

 

 

The following two tabs change content below.
らくとん

らくとん

とある化学メーカーで有機合成関係の研究をしている人。一日でも早くデキる企業ケミストになることを夢見ているが、なかなか芽が出ない残念ケミスト。化学も好きだけど生物も大好きな農芸化学出身。

関連記事

  1. ビオチン標識 biotin label
  2. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equat…
  3. ケミカルジェネティクス chemical genetics
  4. エピジェネティクス epigenetics
  5. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Framewo…
  6. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate…
  7. ランタノイド / lanthanide
  8. アルカロイド alkaloid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  2. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  3. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  4. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究
  5. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  6. チン・リン Qing Lin
  7. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  8. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  9. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  10. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP