[スポンサーリンク]


2010年 7月 17日

  1. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?

    ソウル大工学部の教授が海外学術誌に掲載した論文が虚偽資料を根拠に書いたことが明らかになり、該当論文が取り消される見込みだ。ソウル大研究真実性委員会は12日、「化学生命工学部のシン・ギュスン教授が学術誌『ネーチャーマテリアルズ』に発表…

  2. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

    概要ジェフリー・S・ムーア(Jeffrey S. Moore, 1962年xx月xx日-)は、ア…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ポンコツ博士の海外奮闘録XX ~博士,日本を堪能する② プレゼン編~
  2. 化学反応を“プローブ”として用いて分子内電子移動プロセスを検出
  3. 細胞代謝学術セミナー全3回 主催:同仁化学研究所
  4. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  5. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より
  6. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  7. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

PAGE TOP