[スポンサーリンク]


2010年 7月 17日

  1. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?

    ソウル大工学部の教授が海外学術誌に掲載した論文が虚偽資料を根拠に書いたことが明らかになり、該当論文が取り消される見込みだ。ソウル大研究真実性委員会は12日、「化学生命工学部のシン・ギュスン教授が学術誌『ネーチャーマテリアルズ』に発表…

  2. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

    概要ジェフリー・S・ムーア(Jeffrey S. Moore, 1962年xx月xx日-)は、ア…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  2. JCRファーマとはどんな会社?
  3. 分子1つがレバースイッチとして働いた!
  4. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromatic Ring
  5. シリコンバレーへようこそ! ~JBCシリコンバレーバイオ合宿~
  6. 学術変革領域(B)「糖化学ノックイン」発足!
  7. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP