[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

[スポンサーリンク]

概要

ジェフリー・S・ムーア(Jeffrey S. Moore, 1962年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である。イリノイ大学教授。

 

経歴

1984  イリノイ大学 卒業
1989 
イリノイ大学 博士号取得 (Samuel Stupp教授)
19xx-xx カリフォルニア工科大学 博士研究員 (Robert Grubbs教授)
19xx-xx ミシガン大学 助教授
1993 イリノイ大学 助教授
19xx- イリノイ大学 教授

受賞歴

1996 ACS Arthur C. Cope Scholar Award

1997 Alfred P. Sloan Fellow

2003 Fellow, American Association for the Advancement of Science

2003 Alpha Epilon Delta Pre-Health Honors Society Professor of the Year Award

2006 Royal Society of Chemistry Fellow (FRSC)

2008 Fellow, American Academy of Arts and Science

2009 Fellow, Polymeric Materials Science and Engineering (PMSE)

2010 Fellow, American Chemical Society

 

研究概要

マイクロカプセルを用いた自己修復材料[1]


jeffrey moore fig.1.jpg

化学反応の力学的な活性化[2]


jeffrey moore fig2.JPG

コメント&その他

 

関連動画

関連論文

[1] Moore, J. S. et. al. Nature 2001, 409, 794. DOI: 10.1038/35057232
[2] Moore, J. S. et al. Nature, 2009, 459, 68. DOI: 10.1038/nature07970

Caruso, M. M.; Davis, D. A.; Shen, Q.; Odom, S. A.; Sottos, N. R.; White, S. R.; Moore, J. S.” Chem Rev. 2009, 109, 5755-5798. DOI: 10.1021/cr9001353

White, S.R.; Moore, J.S.; Sottos, N.R.; Krull, B.P.; Santa Cruz, W.A.; Gergely, R.C.R. “, Science2014344, 620-623. DOI: 10.1126/science.1251135

 

関連書籍

 

外部リンク

shiba

shiba

投稿者の記事一覧

学生。化学以外にも歴史とか好きです。至福の時は、良い実験結果が得られた時と美味しいものを食べてるとき。

関連記事

  1. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  2. 下村 脩 Osamu Shimomura
  3. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertwec…
  4. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  5. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  6. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  7. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echav…
  8. ブラッドリー・ムーアBradley Moore

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  2. 製薬特許売買市場、ネットに創設へ…大商とUFJ信託
  3. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任
  4. 研究室でDIY!割れないマニホールドをつくろう・改
  5. 中西 和樹 Nakanishi Kazuki
  6. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  7. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  8. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy
  9. ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒
  10. ひどい論文を書く技術?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP