[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

概要

ジェフリー・S・ムーア(Jeffrey S. Moore, 1962年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である。イリノイ大学教授。

 

経歴

1984  イリノイ大学 卒業
1989 
イリノイ大学 博士号取得 (Samuel Stupp教授)
19xx-xx カリフォルニア工科大学 博士研究員 (Robert Grubbs教授)
19xx-xx ミシガン大学 助教授
1993 イリノイ大学 助教授
19xx- イリノイ大学 教授

受賞歴

1996 ACS Arthur C. Cope Scholar Award

1997 Alfred P. Sloan Fellow

2003 Fellow, American Association for the Advancement of Science

2003 Alpha Epilon Delta Pre-Health Honors Society Professor of the Year Award

2006 Royal Society of Chemistry Fellow (FRSC)

2008 Fellow, American Academy of Arts and Science

2009 Fellow, Polymeric Materials Science and Engineering (PMSE)

2010 Fellow, American Chemical Society

 

研究概要

マイクロカプセルを用いた自己修復材料[1]


jeffrey moore fig.1.jpg

化学反応の力学的な活性化[2]


jeffrey moore fig2.JPG

コメント&その他

 

関連動画

関連論文

[1] Moore, J. S. et. al. Nature 2001, 409, 794. DOI: 10.1038/35057232
[2] Moore, J. S. et al. Nature, 2009, 459, 68. DOI: 10.1038/nature07970

Caruso, M. M.; Davis, D. A.; Shen, Q.; Odom, S. A.; Sottos, N. R.; White, S. R.; Moore, J. S.” Chem Rev. 2009, 109, 5755-5798. DOI: 10.1021/cr9001353

White, S.R.; Moore, J.S.; Sottos, N.R.; Krull, B.P.; Santa Cruz, W.A.; Gergely, R.C.R. “, Science2014344, 620-623. DOI: 10.1126/science.1251135

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
shiba

shiba

学生。化学以外にも歴史とか好きです。至福の時は、良い実験結果が得られた時と美味しいものを食べてるとき。

関連記事

  1. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  2. 浜地 格 Itaru Hamachi
  3. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  4. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  5. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  6. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  7. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  8. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudde…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロポキシ)ボロヒドリド:Sodium Tris(1,1,1,3,3,3-hexafluoroisopropoxy)borohydride
  2. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  3. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  4. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  5. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  6. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  7. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  8. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  9. アルケンとニトリルを相互交換する
  10. エリック・ベッツィグ Eric Betzig

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」

いよいよ今年も日化年会の期日が迫って参りました!ケムステでも例年通り、参加者の方々に有益な各種企画の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP