[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

概要

ジェフリー・S・ムーア(Jeffrey S. Moore, 1962年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である。イリノイ大学教授。

 

経歴

1984  イリノイ大学 卒業
1989 
イリノイ大学 博士号取得 (Samuel Stupp教授)
19xx-xx カリフォルニア工科大学 博士研究員 (Robert Grubbs教授)
19xx-xx ミシガン大学 助教授
1993 イリノイ大学 助教授
19xx- イリノイ大学 教授

受賞歴

1996 ACS Arthur C. Cope Scholar Award

1997 Alfred P. Sloan Fellow

2003 Fellow, American Association for the Advancement of Science

2003 Alpha Epilon Delta Pre-Health Honors Society Professor of the Year Award

2006 Royal Society of Chemistry Fellow (FRSC)

2008 Fellow, American Academy of Arts and Science

2009 Fellow, Polymeric Materials Science and Engineering (PMSE)

2010 Fellow, American Chemical Society

 

研究概要

マイクロカプセルを用いた自己修復材料[1]


jeffrey moore fig.1.jpg

化学反応の力学的な活性化[2]


jeffrey moore fig2.JPG

コメント&その他

 

関連動画

関連論文

[1] Moore, J. S. et. al. Nature 2001, 409, 794. DOI: 10.1038/35057232
[2] Moore, J. S. et al. Nature, 2009, 459, 68. DOI: 10.1038/nature07970

Caruso, M. M.; Davis, D. A.; Shen, Q.; Odom, S. A.; Sottos, N. R.; White, S. R.; Moore, J. S.” Chem Rev. 2009, 109, 5755-5798. DOI: 10.1021/cr9001353

White, S.R.; Moore, J.S.; Sottos, N.R.; Krull, B.P.; Santa Cruz, W.A.; Gergely, R.C.R. “, Science2014344, 620-623. DOI: 10.1126/science.1251135

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
shiba

shiba

学生。化学以外にも歴史とか好きです。至福の時は、良い実験結果が得られた時と美味しいものを食べてるとき。

関連記事

  1. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  2. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertwec…
  3. 前田 浩 Hiro Maeda
  4. デービーメダル―受賞者一覧
  5. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  6. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  7. Corey系譜β版
  8. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartIII+薬学会も!
  2. CV書いてみた:ポスドク編
  3. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  5. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  6. タキサン類の全合成
  7. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage
  8. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  9. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  10. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP