[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

概要

ジェフリー・S・ムーア(Jeffrey S. Moore, 1962年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である。イリノイ大学教授。

 

経歴

1984  イリノイ大学 卒業
1989 
イリノイ大学 博士号取得 (Samuel Stupp教授)
19xx-xx カリフォルニア工科大学 博士研究員 (Robert Grubbs教授)
19xx-xx ミシガン大学 助教授
1993 イリノイ大学 助教授
19xx- イリノイ大学 教授

受賞歴

1996 ACS Arthur C. Cope Scholar Award

1997 Alfred P. Sloan Fellow

2003 Fellow, American Association for the Advancement of Science

2003 Alpha Epilon Delta Pre-Health Honors Society Professor of the Year Award

2006 Royal Society of Chemistry Fellow (FRSC)

2008 Fellow, American Academy of Arts and Science

2009 Fellow, Polymeric Materials Science and Engineering (PMSE)

2010 Fellow, American Chemical Society

 

研究概要

マイクロカプセルを用いた自己修復材料[1]


jeffrey moore fig.1.jpg

化学反応の力学的な活性化[2]


jeffrey moore fig2.JPG

コメント&その他

 

関連動画

関連論文

[1] Moore, J. S. et. al. Nature 2001, 409, 794. DOI: 10.1038/35057232
[2] Moore, J. S. et al. Nature, 2009, 459, 68. DOI: 10.1038/nature07970

Caruso, M. M.; Davis, D. A.; Shen, Q.; Odom, S. A.; Sottos, N. R.; White, S. R.; Moore, J. S.” Chem Rev. 2009, 109, 5755-5798. DOI: 10.1021/cr9001353

White, S.R.; Moore, J.S.; Sottos, N.R.; Krull, B.P.; Santa Cruz, W.A.; Gergely, R.C.R. “, Science2014344, 620-623. DOI: 10.1126/science.1251135

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
shiba

shiba

学生。化学以外にも歴史とか好きです。至福の時は、良い実験結果が得られた時と美味しいものを食べてるとき。

関連記事

  1. ウォルター・コーン Walter Kohn
  2. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  3. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  4. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…
  5. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  6. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  7. 浜地 格 Itaru Hamachi
  8. 森田浩介 Kosuke Morita

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
  2. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  3. プロワイプ:実験室を安価できれいに!
  4. MNBA脱水縮合剤
  5. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement
  6. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas
  7. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応
  8. 【書籍】英文ライティングの基本原則をおさらい:『The Element of Style』
  9. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  10. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP