[スポンサーリンク]


2010年 10月 06日

  1. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

    第5回はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(※インタビュー当時)のJ. Fraser Stoddart教授です。Stoddart教授は分子認識および自己集合過程を用いた鋳型合成法により、2つの状態を有するMechanically In…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  2. 第125回―「非線形光伝播の基礎特性と応用」Kalai Saravanamuttu教授
  3. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価
  4. 免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説
  5. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  6. 会社でも英語を重視?―さて詮なきことか善きことか
  7. 親水性ひも状分子を疎水性空間に取り込むナノカプセル

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP