[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

[スポンサーリンク]

第5回はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(※インタビュー当時)のJ. Fraser Stoddart教授です。
Stoddart教授は分子認識および自己集合過程を用いた鋳型合成法により、2つの状態を有するMechanically Interlocked Compound(バイステイブルカテナンとロタキサン)を合成しました。そしてそれを分子エレクトロニクスデバイス(MEDs)―スイッチとして、またナノエレクトロメカニカルシステム(NEMS)―人工モーター分子として応用することに成功しています。

 

Q. あなたが化学者になった理由は?

最も小さくチャレンジングな物質レベルの一つ、すなわち分子レベルでの創造的なデザイナーおよび形状・機能のエンジニアとなれるからだ。価数、結合、それに類するものを含む、全ての見事な制御がその起点だ。かなり初期の段階から、私の想像は分子よりも彼方、つまり弱い非共有結合性相互作用を支配する精密な法則に隠れている、現代化学の根源的挑戦へと暴走していった。私は最初、複雑性や創発的現象などという、化学の皮をかぶったものを追い求めようとは、一度たりとも夢想しなかった。だが、今ではそうなってしまった。私の経験はとても進化的で、漸増的なものであった。勘と希望を頼りに取り組み始めた。化学が私を導くのは、地図にないところ・予測もしないところ―それ以外は考えられなかった。自分の嗅覚を頼りに進んでいった。しかし、私を化学にのめりこませたのは匂いなどというものではなく、いうならば爆発的衝撃だった。

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

売れっ子のライターや小説家に是非なりたいと思う。私は常々、英語という言語を構成するフレーズに魅力を感じていた。実に過去40年にわたって、あまりに多くの科学論文を書いたので、自分の文章スキルを磨く機会には恵まれていた。とはいえ20代のころの私は、恐ろしく文章が下手だったよ。もし時間が十分にあるなら、「完全に、心底、化学に没頭している科学者になりたい!」との興奮をもたらすような―そんな文章を是非とも書いてみたい。地球上のさまざまな場所に住んでいる、広く一般の人たちに向けてね。誰だって少しぐらい、夢を見てもいいだろう!

writing-2

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

地球にとって不可欠な一部となることによってだ。物質的な意味あいとしては勿論、我々が暮らすこの星のため深く心を砕く住民としてもだ。そのために準備し、意思をもって、未来に向かう道とともにあろうとすべき。その道は人類を含めた地球上すべての生き物が有する高潔さを、価値とし誉れとする。 我々の世界の大部分は、おそらくどの他の創造的媒体よりも、化学を主体にすえている。 19世紀、化学者は染料(dye)を世界にもたらし、皆の生活をより彩り鮮やかなものとした。 20世紀、化学者は医薬(drug)を世界にもたらし、皆に長い人生を、より辛抱できる人生を与えた。 そして21世紀、、化学者はデバイス(device)を世界にもたらし、皆の人生をはるかに充実したもの、とても楽しいものにするだろう。 これら”3つのd”は、化学によって実現される。すなわち、”3つのM”―作成(Making)・測定(Measuring)・模造(Modeling)、そしてさらにはそれ以上。 化学の力によって、世界は我々にとってより過ごしやすい場所となるのだ。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ウィリアム・シェイクスピアだ。彼はエリザベス時代の発展期―そのような歴史的に短く不安定な期間にあって、非常に才気に溢れ、独創的な手法によってとても多作な作家だった。 次々訪れる締切りに間に合わせるべく、どのように時間をマネジメントしていたか、それを彼から学びとりたい。 彼が英語という言語に持ち込んだあらゆる豊かなフレーズ、それを発明しうる桁外れに生き生きとした想像力―彼はそういうものを持っていたに違いない。 「すべてを自分自身の力で成し遂げた」―彼には私にそう言って欲しい(本当かどうか私は疑問なので)。 そうすれば私がこれまで出会った全ての若者たち―彼らには今の200倍以上努力しろ、と言いたくて仕方ないが―の手本として、彼を掲げられるだろう。 また人間の振る舞いを観察・分析することから、無限の魅力を得ている人物でもある。 この主題において空前の専門家のひとりであった人物の話を聴けるのは、なんとも特権的なことだ。 おそらくBardとともにする夕食のあと、私は、自らをずっと良く知ることができるかもしれない。

William Shakespeare

William Shakespeare

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

29年前の1978年の夏にシェフィールド大学を後にして、3年間、RuncornのICI Corporate Laboratoryへと一時的な異動をした時だった。 70年代の間、私のグループは中程度の大きさだったが、NMR測定は全て私が行っていた。 というのも、シェフィールド大学の化学科では、博士研究員と(卒業後の)大学院生はNMR分光計を使えなかったのだ。 全く混まずにアクセスができるのが朝の5時。そんな常識外れの時間帯に、私はNMR室へと出かけていた。 そんなとき、私の二人の幼な娘たちは、きまって文句を言っていたね。 1982年にシェフィールドに一家そろって戻ることになるまでに、娘たちは二つ学習していた。 何がなんでも眠り続ける術と、NMR分光計が洗錬という言葉からはあまりにかけ離れたものだったこと―つまり私のように愚鈍な人物が扱える代物ではなかったということを。

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

イラスト付き(カラー刷り!)でユーザーフレンドリーな、英語の辞書を持って行く。それを使って、とても限られた私の語彙を増やしたい。 唯一無二のCDで、ビートルズ(特にポール・マッカートニーが歌う”When I’m Sixty Four”、私もそんな年齢だ)を聞きながら。 伝統的ロングランたるBBCラジオ4の番組と、砂漠の音楽を聴いた後には、シェイクスピアの全集かな・・・その島にはおそらくもうあるだろうけど。 もし贅沢品を一つ選んでよいなら、Liquiorice Allsortのエンドレス放送が良い。 私が生まれた年に、偶然にも最初の放送があったのだけど、それは番組の精神とも呼べるものだ。 もし人生で3つだけ好きなことができる、と私が言おうものなら、君はどんなものだと思うね? そう!砂漠の音楽のため、ゲストとして招待されることだよ。

 
原文:Reactions-Fraser Stoddart

※このインタビューは2007年5月23日に公開されたものです。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Franc…
  2. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  3. 第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Ma…
  4. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― R…
  5. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教…
  6. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准…
  7. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  8. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  2. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  3. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent
  4. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始
  5. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?
  6. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. シュプリンガー・ネイチャーが3つの特設ページを公開中!
  8. 二酸化炭素をメタノールに変換する有機分子触媒
  9. アメリカ化学留学 ”立志編 ー留学の種類ー”!
  10. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP