[スポンサーリンク]


2010年 12月 28日

  1. 二酸化炭素をはきだして♪

     丁度昨年の12月、世間を賑わした二酸化炭素。C1化学原料としての利用を中心に、種々の展開が期待できるため、有機・有機金属化学分野においても、CO2を用いた反応は現在も重要な基礎研究テーマです。 (さらに…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition
  2. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】
  3. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  4. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  5. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている
  6. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reaction
  7. PACIFICHEM2010に参加してきました!④

注目情報

最新記事

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

PAGE TOP