[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

二酸化炭素をはきだして♪

[スポンサーリンク]

 
丁度昨年の12月、世間を賑わした二酸化炭素
C1化学原料としての利用を中心に、種々の展開が期待できるため、有機・有機金属化学分野においても、CO2を用いた反応は現在も重要な基礎研究テーマです。

 

さて、Angewandte誌のEarly Viewにて、有機ケイ素化合物を用いたCO2の還元反応が紹介されていたので、(有機化合物に絞って)近年の流れを追いつつ、紹介したいと思います。

最近報告された、二酸化炭素と反応する典型元素化合物の代表が、昨年のAngewandte誌に出た
FLP(Frustrated Lewis Pairs)だと思います(以前のつぶやき)。

C. M. Momming, E. Otten, G. Kehr, R. Frhlich, S. Grimme,* D. W. Stephan,* G. Erker*, Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 6643-6646, DOI: 10.1002/anie.200901636

 

rk122720106.gif

 

温度(プラス真空引き)によって、FLPへのCO2の付加が可逆的に起こるというもの。

この時点ではまだ、まぁ、起こるんだろうなぁ・・・、という感じで見ていたら、
別のグループによって、あっという間に触媒反応にまで発展!!

A. Berkefeld, W. E. Piers,* M. Parvez,
J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 10660-10661, DOI: 10.1021/ja105320c

 

rk122720105.gif

 

ここでは、ヒドロシリル化と脱シリルエーテルを伴って、なんと二酸化炭素がメタンに。反応スキームから察するに、当初はCO2とH2からFLPを用いてメタノールを作りたかったのではないでしょうか。

でもメタンにまでしちゃったらどう使うの?!と思っていたら、一方でメタノールに展開できる反応が!  2009年、これまた別のグループから発表されました。(以前のつぶやき)

S. N. Riduan, Y. Zhang,* J. Y. Ying*,
Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 3322-3325, DOI: 10.1002/anie.200806058

 

rk122720103.gif

 

この論文では、N-ヘテロ環状カルベンを触媒としたヒドロシリル化を利用してメトキシシラン誘導体を得て、最後に加水分解にてメタノールを得るというもの。

直接触媒的にCO2がメタノールになるわけではないけど、反応を売る戦略として見習いたい点がたくさんあります。

それにしてもNHCはいろんなことできるんだなぁ、と思っていたら、NHCを用いた新たな触媒反応が立て続けに報告されることに!

 

Y. Kayaki, M. Yamamoto, T. Ikariya,
Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 4194-4197, DOI: 10.1002/anie.200901399
 

 

 

 

 

rk122720107.gif


同じNHCでもアルキル置換のものが効果的であることを示し、さらにこの論文では溶媒フリーで反応が進行しています。一歩先行くJAPAN!
スマートな切り口だな、と思っていたら、今度はいよいよCOへ還元!
今年2010年、先述のグループにより、今度は形式上CO2の還元反応でCOを発生させつつ、O原子をアルデヒドに与える触媒反応が報告されました!

L. Gu, Y. Zhang, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 914-915, DOI: 10.1021/ja909038t

 

rk122720102.gif

 

反応条件も温和なので、その他の反応にもいろいろ使えそう。
そう言えば、有機化合物のみを用いてCO2をCOに還元する反応ってのはかなりレアだなぁ、と思っていたら、今回(やっとここまできた。。)、ジシリン-リン付加体とCO2の反応からCOが発生する、という内容の論文がでました。

D. Gau, R. Rodriguez, T. Kato,* N. S.-Merceron, A. d. Cozar, F. P. Cossio, A. Baceiredo*
Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, Early View, DOI: 10.1002/anie.201006265

 

rk122720101.gif

 

実はこのグループ、以前につぶやきで報告したことがある、ケイ素-炭素三重結合を合成した研究室。
その時用いられたN-P置換基に類似した立体保護基を用いて、まずジシリン-リン付加体 2を合成しています。収率の低さから相当な労力を伺えますが、NMRもしっかり取り、X線できっちり構造も決めています。

さらに、2とCO2の反応を検討。その結果、4当量のCO2から3当量のCOが発生していて、1当量のCO2と3つのO原子は分子内に取り込まれることを明らかにしています。(またCOが発生していることを、Rh錯体を用いた捕捉反応により実験的にも立証しています。手堅い)

ざっくりCO2を用いた最近の流れを紹介しましたが、有機化合物でCO2を活性化~反応に結び付けるポイントが見えますね。どうやら電子供与性の高いロンペア(ホスフィンやカルベンやシリレン等)が反応の初期段階で効いていて、その後の展開には、適切な電子受容体や、酸素原子との親和性が高いケイ素化合物を用いることが鍵だと感じます。

うまく利用できる反応さえ確立できれば、原料としてCOは申し分無いのではないでしょうか。
今後のCO2の活躍ににますます期待ですね。

 

それにしても、最近は有機化合物を使った小分子(水素、アンモニア、一酸化炭素、二酸化炭素、P4等々)の活性化に関する研究が世界中で盛んですね。究極的にはやはりメタンでしょうか

金属でできることなら有機化合物でもできる、そんな時代が近づいている気がします。

 

参考文献

 

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペン…
  2. 高分子鎖を簡単に垂直に立てる -表面偏析と自己組織化による高分子…
  3. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質…
  4. お”カネ”持ちな会社たち-1
  5. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  6. なんだこの黒さは!光触媒効率改善に向け「進撃のチタン」
  7. 研究職の転職で求められる「面白い人材」
  8. サイエンスアゴラ2015総括

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水入りフラーレンの合成
  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
  3. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants
  4. 秋の褒章2013-化学
  5. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)
  6. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  7. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より
  8. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成
  9. 第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授
  10. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP