[スポンサーリンク]


2011年 7月 09日

  1. マット・シェア Matthew D. Shair

    マシュー・D・シェア (Matthew D. Shair、1968年4月24日(ボストン,米国)-)は、アメリカの有機化学者である。ハーバード大学化学・化学生物学科 教授。 (さらに…)…

  2. オキソニウムカチオンを飼いならす

    酸素原子は結合の手を二つもち、二つの原子団と結合を作ることができる―これは高校までの化学で習う、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年
  2. スピノシン spinosyn
  3. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン
  4. 不均一系触媒を電極として用いる電解フロー反応を実現
  5. Nature Catalysis創刊!
  6. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子
  7. メールのスマートな送り方

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP