[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士

[スポンサーリンク]

第73回の海外化学者インタビューは、ガビン・アームストロング博士です。Nature Chemistry誌のAssociate Editor(訳注:2020年2月現在はSenior Editor)を務めています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

それは確かに、ただ流されてなってしまうような職業ではないですね。学生時代に「化学者になりたい」と思ったことは確かにありませんでした。学校の化学は楽しかったので、大学でも続けました。物理的側面が複雑になっていくにつれて、ますます没頭するようになり、他のことをやろうとは思わなくなりました。

出版業に移った理由は、これ以上の時間を研究室で過ごす自分がイメージできないことに気付いたからです。自分の研究よりも他人の研究を読んでいる方が楽しかったのです。また、かなり専門的なプロジェクトを行うよりも、もっと多様な科学を読むことに時間を割きたいと思いました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

常に出版業に落ち着いていたとは思いますが、もし自分で執筆できるものを選ぶとしたら、スポーツです。フットボール(サッカー)とクリケットが大好きで、観戦してお金をもらえるなら素晴らしいことです!

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

とても重要だと思うことが二つあります。一つ目は、現在文明が直面しているエネルギーや持続可能性などの大きな問題に取り組むだけでなく、まだ十分に理解されていない根本的な問題に取り組み続けることです。二つ目は、科学を熱心に教えたり、議論したりすることです。情熱的な教師は、専門家でない人や学生の関心を高めます。偉大な教師たちにインスパイアされ、科学の仕事に就くことになったと多くの化学者が話していますが、軽視すべきではない責務でしょう。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

本心からの答えと「プロとして」の答えがあります。本心からの答えはブライアン・クラフです。70~80年代にフットボール(サッカー)ファンでなかった人のために説明すると、彼はいくつかのイングランドチームの監督(コーチ)でした。彼は優れた人間マネジメントを基本とすることで、任期中、(イギリスやヨーロッパの)あらゆる大会で勝利を収めました。彼はチームを信頼し、またチームは彼を信頼しました。彼がチームに頼みごとをしたら、なぜそうするのか彼らが理解していなかったとしても(大学院生なら気持ちがわかる?)、とにかくやるでしょう(大学院生ならわかる?)。

プロとしての答えはエド・ローレンツです。悲しいことについ最近亡くなりましたが、彼の遺産は永遠に残ります。気象システムにおける決定論的カオスの発見は、一部の気象学者にしか興味がないように思われますが、これらのシステムの背後にある固有の数学は、生物学者から経済学者に至るまで、非常に多くの研究者にとって重要で、決定論的システムに対する新しい見方を生み出しました。彼には「エウレカ」の瞬間があったでしょうから、その話を聞けるなら素晴らしいです!

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

実験室で行った最後の実験はよく覚えていません。博士課程の途中でコンピュータの仕事をするために研究室を出たのですが、戻るのを忘れてしまいました。シミュレーションを含めていいなら、最後に実行したバッチは、以前Belousov-Zhabotinsky反応で観察したある種の螺旋パタンに関連していました。実験は、これまで報告がない、明らかに説明できない振る舞いをしていました。シミュレーションでは、何をやってもその振る舞いを再現できませんでした。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

本はニック・ホーンビィの「ハイ・フィデリティ」です。史上最高のパブゲームである「トップ5」のコンセプトを教えてくれました(説明が必要かも知れませんが、基本的に、トップ5の曲、映画、論文、Nature誌の今年の論文、1970の刑事ショーなどを挙げていくだけです)。音楽に関しては、確実にオアシスでしょうか。古典です。

原文:Reactions – Gavin Armstrong

※このインタビューは2008年7月18日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授
  2. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授
  3. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Car…
  4. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andr…
  5. 第56回―「メタボロミクスを志向した質量分析技術の開発」Gary…
  6. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Caroly…
  7. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  8. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!
  2. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercaptan
  3. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  4. メンデレーエフ空港
  5. PACIFICHEM2010に参加してきました!③
  6. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』
  7. 2017年12月14日開催: 化学企業4社によるプレミアムセミナー
  8. 野依賞―受賞者一覧
  9. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  10. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP