[スポンサーリンク]


2011年 8月 22日

  1. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?

    パッションフルーツなどから抽出した物質に、体の機能を調整する「体内時計」の周期を遅らせる働きがあることが、産業技術総合研究所の大西芳秋主任研究員らの研究で分かった。食物から抽出した物質とあって、安全性の高い時差ボケの治療薬の研究につ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  2. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  3. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!
  4. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  5. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!
  6. たったひとつのたんぱく質分子のリン酸化を検出する新手法を開発
  7. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP