[スポンサーリンク]


2012年 8月 19日

  1. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photoredox Catalyst

    概要ルテニウム(II)ポリピリジル錯体、イリジウム(III)フェニルピリジル錯体などは、可視光(λ=400-700nm)照射下に光酸化還元触媒(Photoredox Catalyst)として機能する。強力な紫外線…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 武田薬品、高血圧治療剤が米で心不全の効能追加
  2. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み
  3. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  4. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!
  5. 親子で楽しめる化学映像集 その1
  6. 【Spiber】タンパク質 素材化への挑戦
  7. デイヴィット・ベイカー David Baker

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門

開催日:2022/12/14  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

工業生産モデルとなるフロー光オン・デマンド合成システムの開発に成功!:クロロホルムを”C1原料”として化学品を連続合成

第450回のスポットライトリサーチは、神戸大学大学院理学研究科化学専攻 津田研究室の岡田 稜海 (お…

【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

私たちは「楽しい社会を実現する」という経営理念をもとに事業分野を広げ、世界をリードする総合化学企業と…

進む分析機器の開発

がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの芳賀淑美主任研究員、植田幸嗣プロジェクトリーダーらの研究…

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

PAGE TOP