[スポンサーリンク]

日本人化学者インタビュー

第49回「キラルブレンステッド酸に魅せられて」秋山隆彦教授

[スポンサーリンク]

第49回の化学者へのインタビューは、学習院大学の秋山隆彦先生にお願いしました。

キラルブレンステッド酸として代表的なリン酸ビナフトール(秋山・寺田触媒)をもちいた不斉反応の開発の先駆けです。また、来週放映される第5回ケムステVプレミアレクチャーの講師です。

それではどうぞ!

Q. あなたが化学者になった理由は?

大学に入った時には、分析化学を専攻して南極観測船に乗り込みたいと思っていたことがありましたが、実際に実験をしてみると有機化学が一番面白く、有機化学を専攻しました。向山光昭先生から、オリジナルな仕事を行うことの重要性を叩き込まれ、その精神は今でも大事にしています。薬の合成に興味があり、一度企業(塩野義製薬株式会社)に入社し、メディシナルケミストリーに従事していましたが、反応開発の仕事がやりたかったことおよび大学での独立した研究に憧れて、退社して愛媛大学工学部の助手に異動しました。Stanford大学のTrost先生の研究室に留学させてもらって、海外での生活を1年経験しました。Trost研では、Stephen Hashmi (Heidelberg)、Mike Krische (UT, Austin)、Chao-Jun Li (McGill)、Chulbom Lee (Seoul National)らの研究者と知り合うことができ、世界が大きく広がりました。

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

歴史に興味があるので、歴史学者になって、ヨーロッパを回って、中世・近世史の研究を行なってみたい。

 

Q. 現在、どんな研究をしていますか?また、どのように展開していきたいですか?

ブレンステッド酸を炭素―炭素結合形成反応の触媒として用いることができないかと考え、キラルリン酸が優れた不斉触媒能を有することを2004年に見出しました。その後は、キラルリン酸を用いた不斉触媒反応の開発を中心に研究を進めています。キラルリン酸を開発した当時は、幅広い種類の反応に適用できる汎用的な触媒になるとは全く想像できませんでした。未だに新たな不斉触媒反応が世界中から発表されています。リン酸の反応から手を引こうかと何度か考えたこともありますが、実験をすると様々な反応が見出され、常に驚き・新しい発見があり、ます。今後も、大量合成等の実用的に用いることができる反応、触媒の開発、並びに、金属触媒・光触媒等と組み合わせた反応の開発も行いたいと考えています。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ミケランジェロに会って、システィーナ礼拝堂の天井画や、祭壇のフレスコ画である「最後の審判」を作製した時の苦労話等を聞いてみたい。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

1994年に38才で学習院大学理学部に助教授として赴任した後、4、5年は自分でも実験を行なっていました。1998年頃にアリルシラン、アリルゲルマンを用いた反応を行なったのが最後だと思います。

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

過去に途中で挫折した「ローマ人の物語」(塩野七生著)全17冊を読破したい。

Q. 次にインタビューをして欲しい人を紹介してください。

日本人では、長澤和夫先生、内山真伸先生。外国人では、Paolo Melchiorre (ICIQ, Spain)です。

 

秋山教授の略歴

学習院大学理学部化学科 教授

専門は有機合成化学

1980年に東京大学理学部を卒業後、東京大学大学院理学系研究科に進学、博士課程を1985年に修了。塩野義製薬株式会社に入社し、研究所においてβ-ラクタム系抗生物質の合成に従事。1988年より愛媛大学工学部資源化学科助手(尾崎庄一郎教授)。1992年より1993年に米国Stanford大学博士研究員(B. M. Trost教授)。1994年に学習院大学理学部助教授。1997年より現職。2018年より日本学術振興会 学術システム研究センター 主任研究員 兼任,2021年より有機合成化学協会会長。

日本化学会学術賞(2009年)、有機合成化学協会 第一三共・創薬有機化学賞(2009年)、名古屋シルバーメダル(2012年)、アメリカ化学会Arthur C. Cope Scholar Award(2016年)、フンボルト賞(2016年)、有機合成化学協会賞(2017年)

 

関連動画

2021年8月24日18時から秋山先生が講師である第5回ケムステVプレミアレクチャーが放映されます。ぜひ御覧ください。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授…
  2. 第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Cons…
  3. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  4. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Mi…
  5. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…
  6. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教…
  7. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」I…
  8. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George St…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  2. 第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」
  3. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  4. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」
  5. ケムステV年末ライブ & V忘年会2020を開催します!
  6. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt
  7. 『ほるもん-植物ホルモン擬人化まとめ-』管理人にインタビュー!
  8. モウンジ・バウェンディ Moungi G Bawendi
  9. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  10. #おうち時間を充実させるオンライン講義紹介 ーナノテクー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP