[スポンサーリンク]

ケムステニュース

独BASF、米樹脂メーカーのジョンソンポリマー社を買収

[スポンサーリンク]

BASF(本社:ドイツルートヴィッヒスハーフェン)は2日、業務用クリーニング用品および衛生用品メーカー大手、ジョンソンディバーシー株式会社(本社:米国ウィスコンシン州スターテバント)子会社で、樹脂メーカーのジョンソンポリマー株式会社(本社:米国ウィスコンシン州スターテバント)を買収することで合意致しました。買収契約は5月1日に締結され、買収額は4億7,000万米ドルです。取引は現金にて行われ、これに伴う借り入れはありません。なお、これ以外の買収額に関する情報は非公開となっています。今後、関連当局による承認を経て、2006年6月末までには買収を完了致します。なお、両社は買収の完了前に、オランダのジョンソンポリマーBV社のワークスカウンシル(労働協議会)にも承認を求めています。(引用:日経プレリリース)

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 富大工学部実験研究棟で火事
  2. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  3. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  4. 有機溶媒吸収し数百倍に 新素材のゲル、九大が開発
  5. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  6. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)…
  7. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  8. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より
  2. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒
  3. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction
  4. ここまで来たか、科学技術
  5. フリース転位 Fries Rearrangment
  6. Reaxys Prize 2012受賞者決定!
  7. 114番元素生成の追試に成功
  8. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  9. 化学者だって数学するっつーの! :シュレディンガー方程式と複素数
  10. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー雑記編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP