[スポンサーリンク]

ケムステニュース

独BASF、米樹脂メーカーのジョンソンポリマー社を買収

BASF(本社:ドイツルートヴィッヒスハーフェン)は2日、業務用クリーニング用品および衛生用品メーカー大手、ジョンソンディバーシー株式会社(本社:米国ウィスコンシン州スターテバント)子会社で、樹脂メーカーのジョンソンポリマー株式会社(本社:米国ウィスコンシン州スターテバント)を買収することで合意致しました。買収契約は5月1日に締結され、買収額は4億7,000万米ドルです。取引は現金にて行われ、これに伴う借り入れはありません。なお、これ以外の買収額に関する情報は非公開となっています。今後、関連当局による承認を経て、2006年6月末までには買収を完了致します。なお、両社は買収の完了前に、オランダのジョンソンポリマーBV社のワークスカウンシル(労働協議会)にも承認を求めています。(引用:日経プレリリース)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 製薬会社5年後の行方
  2. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調…
  3. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  4. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  5. 抗がん剤などの原料の新製造法
  6. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  7. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与…
  8. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  2. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  3. イボレノリドAの単離から全合成まで
  4. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  5. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  6. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  7. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  8. 官能基「プロパルギル基」導入の道
  9. 近況報告Part V
  10. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP