[スポンサーリンク]


2012年 12月 12日

  1. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)

    芳香族アジドや芳香族ジアジリン、ベンゾフェノンなどは、光照射によって反応活性種を生じる構造として知られている。そのため、これらを導入した生理活性物質を生物やその破砕物に添加して光を照射することで、活性物質の標的タンパ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Mestre NovaでNMRを解析してみよう
  2. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  3. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1
  4. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする
  5. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  6. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  7. Reaxys Ph.D Prize2014ファイナリスト45名発表!

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP