[スポンサーリンク]

A

アシル系保護基 Acyl Protective Group

 

概要

多段階合成において、アルコールは様々な試薬から保護しておく必要がある。アシル系保護基は一般に酸性条件・酸化条件に強い保護基として知られている。還元条件(DIBAL、LAH etc.)・塩基性条件(NaOH、K2CO3/MeOH etc.)などで脱保護される。

以下の3つが代表的。特にピバロイル基は立体的にすいているアルコールの選択的保護にも用いることができる。

PG_acyl_2.gif

アミンもアミドとして保護することが可能であるが、一般に脱保護条件(強酸or強塩基+加熱)が厳しい。トリフルオロアセチル基など外れやすいものを除けば、カルバメート系保護基に比べて、用いられる機会は少ない。

基質に複数のヒドロキシル基が存在するときは、アシル転移(acyl migration)が起こる可能があるため、注意が必要。

 

基本文献

 

反応機構

塩基としてはピリジン系のものを用いることが多い。系中で活性なアシルピリジニウム種が出るため効果的。

特に、4-ジメチルアミノピリジン(DMAP)を求核触媒として用いれば、(無水酢酸を用いる場合)反応はおよそ1万倍ほど加速される。このため低反応性アルコールでも効率的に保護できる(参照:Angew. Chem., Int. Ed. Engl. 1978,
17, 522
.)。
PG_acyl_3.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…
  2. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Di…
  3. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  4. モッシャー法 Mosher Method
  5. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  6. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective …
  7. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  8. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  2. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  3. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師
  4. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  5. JSRとはどんな会社?-2
  6. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法
  7. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  8. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  9. ケムステの記事が3650記事に到達!
  10. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP