[スポンサーリンク]


2012年 12月 31日

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement

    概要アリルカーバメートの脱水反応により系中でアリルシアナート種を生成させると、これは速やかに転位してアリルイソシアナートを与える。反応形式面ではOverman転位と同様であるが、本法は圧倒的に活性が高く、低温(0…

  2. 2012年10大化学ニュース【前編】

    今年もあと1日で終わり。皆さん既に忘年会も終わりのんびりしていることと思います。…

  3. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal

    概要1,2-ジオールをスズアセタールで保護すると、一方のアルコールだけに反応を生…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  2. 香りの化学4
  3. その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜
  4. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻
  5. ルーシェ還元 Luche Reduction
  6. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement
  7. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP