[スポンサーリンク]

スポットライトリサーチ

「架橋ナノゲル」を応用したがんワクチンDDS

第15回目となるスポットライトリサーチは、北九州市立大学 環境システム専攻(櫻井和朗研究室) 博士課程2年・ 宮本 寛子さんにお願いしました。

先日ホノルルで開催されたPacifichem2015学生ポスター賞の栄えある受賞者の一人です。

研究室を主宰されている櫻井和朗教授によれば、宮本さんは、非常に明るい性格でいつも研究室を賑やかにしてくれ、研究は妥協せずに真摯に取り組み、後輩への模範となる存在とのこと。日々彼女の研究者としての成長を感じる中で、今回のポスター賞受賞を嬉しく思っているそうです。

そのような素晴らしい女性研究者である宮本さんの受賞研究は、いったいどんなものでしょうか?それではご覧ください!

Q1. 今回の受賞対象となったのはどんな研究ですか?簡単にご説明ください。

 

sr_N_Miyamoto_1

 

多糖と核酸が形成する複合体を核酸の相補鎖で架橋することで得られた”架橋ナノゲル”をがんワクチンのアジュバント(免疫増強剤)として応用したドラッグデリバリーシステム(DDS)の研究です。

がんワクチンとは、がん抗原とアジュバントを用いて自己の免疫力を上手くコントロールし、がん細胞を排除するがんの治療方法です。従来のがんの3大療法よりもはるかに副作用を軽減でき、患者の生活の質を高く維持出来る治療方法として開発が期待されています。しかし、新規抗原の探索や免疫機序が明瞭で安全なアジュバント開発が必須であり、未だ臨床応用には多くの課題があるが現状です。

本研究で作製した架橋ナノゲルは、アジュバントとして極めて少ない投与量で抗腫瘍効果を示しました。

 

Q2. 本研究テーマについて、自分なりに工夫したところ、思い入れがあるところを教えてください。

架橋ナノゲルを構成している多糖と核酸それぞれに工夫があります。

まず、多糖ですが、本研究で用いる多糖はがんワクチンが標的とする免疫細胞への選択性があること、核酸と複合体を形成するという2つの特徴があることから核酸のターゲットデリバリーが可能です。次に核酸は“架橋点”と“薬剤”の2つの役割を担っています。架橋させることで今まで本研究室で用いてきた多糖核酸複合体より大きなサイズを形成する設計となっています。本研究では、このユニークな材料設計により架橋ナノゲルを作製でき、また薬剤を不活化させることなく従来の多糖複合体より高いアジュバント活性を得ることが出来ました。

 

Q3. 研究テーマの難しかったところはどこですか?またそれをどのように乗り越えましたか?

架橋ナノゲルによるアジュバント活性を評価した時、従来の複合体と比べて2、3倍の活性を予想していたところ、実際には10倍と想像していたよりもはるかに高く活性を示したことに驚きました。私たちはこの活性をサイズ効果によるものであるという仮説を立てて研究をしています。特に、私たちの得意とする物理的測定による粒子のサイズや形状を評価して、生体活性との相関をとることで、作用メカニズムの解明を進めています。

 

Q4. 将来は化学とどう関わっていきたいですか?

将来は、化学を用いてDDSの研究に携わり世界の医療の発展に貢献したいです。特に、私自身興味のある核酸やペプチドの生体高分子を用いて作製した“材料”で生体にアプローチするドラックデリバリーシステムの最先端の研究(治療・診断・情報システム構築)を、様々な分野の人と関わって発展させたいです。

 

Q5. 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

以前は全く英語を話せなかった私がPacifichem2015でポスター賞を受賞することができました。学会会場で英語にめげそうな声をちらほら聞きました。もし、英語にめげそうな方がいたら諦めないでください。私は、研究室に配属されたばかりの学部生の時は、研究の世界では共通語が英語なのか…、と、その現実を受け止められませんでした。しかし、研究生活に慣れてくると同時にわかる英単語が増えだしたこと、国際学会などでネイティヴに会う機会があったら積極的に会話をすること。1つ1つの経験によって最初の現実逃避を少しずつ緩和できました。未だ、流暢な英語には程遠いですが、これからも現実を受け止めて経験を積んでいく予定です。一緒に、研究者としてのスキルを上げていきましょう。

関連リンク

 

研究者の略歴

sr_N_Miyamoto_2宮本寛子(みやもと のりこ)

所属: 北九州市立大学 環境システム専攻 櫻井和朗 研究室

研究テーマ: 多糖キャリアを用いた核酸医薬デリバリーによるがんワクチンアジュバントの開発

2008 年 4 月 北九州市立大学 入学(2012 年 3 月 卒業)
2012 年 4 月 北九州市立大学 修士課程 入学(2014 年 3 月 卒業)
2012 年 8 月 韓国化学技術研究所 短期留学(次世代理工系交流事業に参加)
2014 年 4 月 北九州市立大学 博士課程 入学(2015 年 12月現在 博士課程 2年次)
2014年 8月 イギリス バース大学 短期留学
2015 年 12月 Pacifichem2015 ポスター賞 受賞

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  2. “Wakati Project” 低コス…
  3. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  4. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  5. 化学と権力の不健全なカンケイ
  6. 祝100周年!ー同位体ー
  7. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??
  8. カンブリア爆発の謎に新展開

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  2. IRの基礎知識
  3. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)
  4. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  5. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  6. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  7. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  8. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  9. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  10. NeoCube 「ネオキューブ」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP