[スポンサーリンク]


2013年 2月 02日

  1. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloaddition

    概要トリメチレンメタン(TMM)は不飽和結合と付加環化を進行させる。他の方法では収束的に得ることの難しい、炭素5員環を構築可能な手法。以下のような共鳴構造を有するため、1,3-双極子の一種と見ることもできる。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement
  2. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  3. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  4. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される
  5. 反応がうまくいかないときは冷やしてみてはいかが?
  6. リモートワークで結果を出す人、出せない人
  7. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP