[スポンサーリンク]

化学教育

人物でよみとく化学

[スポンサーリンク]

概要

化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、ひとつのテーマを3人の科学者で解説します。研究エピソードや人物エピソードも多数掲載。楽しく読んで知識を身につけよう。(引用:Amazon

対象

化学の基礎を勉強中の高校生や大学生だけでなく、化学の第一線で研究に携わっている方々が読んでも参考になる書籍です。

内容

  • 1章 化学の基礎:ボイル、ドルトン、アボガドロ
  • 2章 水素、酸素の発見とフロギストン説:キャヴェッシュ、プリーストリー、シェーレ
  • 3章 炭酸ガスと窒素の発見とラヴォアジェ:ブラック、ラザフォード、ラヴォアジェ
  • 4章 周期律:メンデレーエフ、デービー、ラムゼー
  • 5章 物理化学分野の開祖3人組:ファント・ホッフ、オストヴァルト、アレニウス
  • 6章 電気化学:ボルタ、ファラデー、ネルンスト
  • 7章 熱力学と化学エネルギー:カルノー、ジュール、ギブズ
  • 8章 放射線化学:ベクレル、マリー・キュリー、ユーリー
  • 9章 反応速度:ハーバー、アイリング、マーカス
  • 10章 化学結合:ケクレ、ルイス、ポーリング
  • 11章 光化学:カシャ、ポーター、テュロー
  • 12章 高分子化学:シュタウディンガー、カロザース、桜田一郎
  • 13章 有機化学:ヴェーラー、グリニャール、ウッドワード
  • 14章 量子化学:ハイトラー、マリケン、福井謙一
  • 15章 表面分析:ルスカ、シーグバーン、ビーニッヒ
  • 16章 有機化合物の構造決定:アストン、コブレンツ、ラービ

解説

本書では、各章ごとに3人の化学者が登場し、各人の発見した原理や法則が解説されています。解説は、化学の基礎を勉強中の高校生や大学生でも理解できるような表現で書かれています。また現象を解説する図も多く掲載されていて、自分が忘れてしまった物理化学の法則も簡単に思い出すことができました。本書では偉人が発見した事象の解説だけでなく、偉人の生涯や当時の時代背景、他の化学者との関係なども同時に紹介されており、化学を専門にしていて登場する原理・法則を知っていても、偉人を解説した読み物として十分楽しめる内容になっています。最初に登場する偉人は、気体の体積を圧力の関係を表すボイルの法則のロバート・ボイルですが、一方の体積を温度の関係を示すシャルルの法則は、ジャック・シャルルではなくシャルルを尊敬していたゲイ・リュサックが発表した内容であると解説されており、冒頭から驚きの事実が書かれています。

本書前半で登場する偉人たちは、歴史では激動の時代だった18世紀、19世紀を中心に活躍しており、今とは異なる社会環境でもどのような環境で化学の探求に打ち込んでいたかが解説されています。また、こぼれ話として偉人の別分野での発見や、関連する日本での発見、筆者(主に藤島昭先生)のストーリーなどが各所に加えられており、これにより本書をより一層読み進めやすくしています。電池を発見したアレッサンドロ・ボルタに関連して、藤島先生がイラクのバクダッドを訪問してバクダッド電池を見せてもらった時の内容と記念写真が特に印象的です。

本書の各所には偉人たちの有名な言葉が1ページを使って記されています。ほとんどが本文で取り上げられている偉人とは別の偉人たちの言葉ですが、日々の研究で悩んでいるときに支えになるような言葉が多く掲載されています。

化学者の人物について、教科書以上のことを知りたいときはWikipediaで調べることがほとんどでしたが、本書ではWikipediaより深い内容を原理の解説とともに知ることができます。そのため、化学を勉強中の高校生や大学生にぜひ読んでもらいたい書籍になります。本書後半では、現代化学にとって重要な物理化学、有機化学、分析化学の分野において重要な発見をした偉人たちが登場しており、すでに基礎をマスターしている化学者にとっても、参考になる内容だと思います。

化学の偉人に関するケムステ過去記事

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 化学に魅せられて
  2. 【書評】有機化学のための量子化学計算入門
  3. Lithium Compounds in Organic Syn…
  4. Heterocyclic Chemistry
  5. 有機化学命名法
  6. 宮沢賢治の元素図鑑
  7. 絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている
  8. ウォーレン有機化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 魔法のカイロ アラジン
  2. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  3. (+)-マンザミンAの全合成
  4. ご注文は海外大学院ですか?〜準備編〜
  5. 神秘的な海の魅力的アルカロイド
  6. ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化
  7. 危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品
  8. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  9. 理研も一般公開するよ!!
  10. フェントン反応 Fenton Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

最近ヘリウムの深刻な供給不安により、GCで使うガスボンベの納期が未定となってしまい、ヘリウムが無くな…

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

第 390 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 助教の 山崎…

桝太一が聞く 科学の伝え方

概要サイエンスコミュニケーションとは何か?どんな解決すべき課題があるのか?桝…

レドックス反応場の論理的設計に向けて:酸化電位ギャップ(ΔEox)で基質の反応性を見積もる

第389回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院生物システム応用科学府(生物有機化学研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP