[スポンサーリンク]


2013年 9月 07日

  1. シラフルオフェン (silafluofen)

    シラフルオフェンは、ケイ素原子を含んだ構造が特有な、農業害虫の駆除で使われる殺虫剤。除虫菊の殺虫成分であるピレスリンの構造を真似た上で、魚への毒性などのぞまない副作用を避けるように改良されて誕生しました。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2020年の人気記事執筆者からのコメント全文を紹介
  2. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  3. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ
  4. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  5. HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より
  6. 韮山反射炉
  7. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

注目情報

最新記事

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!

そこかしこで「量子コンピュータ」という言葉を聞くようになった昨今ですが、実際に何がどこまでできるのか…

Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました

以前のケムステ記事で、Springer Nature社が独・メルク社と共同で、動画コンペ「Scien…

PAGE TOP