[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–

前回、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry の試験前の対策方法について、お話ししました。本記事では、実際のテスト会場の雰囲気や、テストの結果について報告します。

試験当日の雰囲気

私は、4 月に福岡で開催されたテストに参加しました。受験時に最低限の持ち物は、身分証明書としてパスポート、受験番号などの情報を印刷した紙、そして筆記用具です。テスト開始時間の 30 分前に来るように、と通知されるのですが、心配性な私は、テスト開始の 50 分くらい前に到着しました。会場の教室を覗いてみると、試験監督である陽気な外国人さんがいらっしゃったので、簡単な英語で身分の確認などをやりとりして受付を済ませました。そのあとは、受験番号などを解答用紙に記入し、「試験問題を口外しません」という誓約書を書きます。それらは 10 分もあれば済む用事で、後は試験開始時間になるまで待つのみでした。つまり早い会場入りは完全な勇み足でした。

会場では Chemistry のテストだけでなく、他の GRE のSubject test のテスト(Physics や Biology など) についても同じ教室で行われました。教室は大きくなく、受験者全員で 20 人弱、そのうち半分以上が中国人や韓国人だったのではないかと思います。そして Chemistry のテストを受けていたのは、私も含めて 3 人のみで、受験者の少なさには驚きました。ひょっとすると 4 月受験は穴場だったのかもしれません (あるいは、この記事を必要としている人は、その程度の数しかいないということか…)。

テスト中のアドバイスとしては、「模擬試験通り解きましょう」としか言えないです。実際に、模擬試験と同レベルの問題が出題されました。分からない問題があれば潔く飛ばして、時間内に全問に取り組めるように心がけましょう。前回少しお話ししましたが、私の場合は 5 択の選択肢の中から 2 択まで絞り込めたら思い切って解答する、という作戦で試験に臨みました。が、結果的には全問題に解答するという強気な解答用紙となりました。練習の甲斐もあって、答案の見直しをするほどの時間の余裕もありました。

結果発表

受験から 3 週間ほどでネット上からテスト結果を知ることができます。テストの主催者からメールでお知らせが来るため、それの到着次第、自分のアカウントページから確認します。

さて、前回の記事で偉そうにテストの対策法をお話ししましたが、どれくらいの点数をとれたのでしょうか。具体的なテストの点数をここで晒すのは、とても気がひけるのですが、受験予定である読者にとっては、どれくらい勉強した人がどれくらいの点数を取れるのかということは知りたい部分だと思います (少なくとも私が読者なら、絶対にツッコみます)。よし。覚悟を決めて、ざっくりとした点数を発表しますと、晴れて、990 点満点中で 900 点を超える高得点を取得することができました。

では、次に気になるのは、実際にどのくらいのスコアの人が、特定の大学院に出願し、合格しているか、ということです。この点については、私はまだ出願すらしていないので何も言えませんが、こちらのサイトに詳しく載っています。メニューから Results Research の項目へ行き、希望する大学名を検索すると、その大学に出願した人がテストスコアや研究経験を公開しており、それらの人がどのような結果だったのかを知ることができます。

ふむふむ。例えば University of California, Berkeley の Department of Chemistry の受験者は、800 点代半ばの人が多いという印象です (正確に平均を取ったわけではないです)。しかし、700 点代で合格している人もいれば、900 点以上で不合格な人もいます。そこで、700 点代で合格した人のコメントをよく見てみると、5 publications とかナンとか書いており、研究実績も合否を分ける重要なファクターであることがわかります。つまり、このテスト 1 つで合否が決まるというわけではないのです。

受験後の振り返り

GRE Chemistry の試験は、個々の問題の難易度は高くありませんが、テスト範囲が広いため高得点を望むにはじっくりと対策をする必要があると思います。そして高得点を獲得するには、過去問を徹底的にこなすことが近道であったように感じました。比較的時間にゆとりがあった私は、 3 ヶ月くらい前から模擬試験で練習を始めましたが、集中して取り組めば 1 ヶ月程度でも十分な得点が取れたのではないかと振り返っています。

しかし、留学に必要な準備は、このテストだけではなく、全エネルギーをこのテストに集中させることはできません。例えば TOEFL iBTや、奨学金の申請、エッセイの作成などなど、やるべきことはきりがありません (詳しい情報は、こちらのまとめ記事からご覧ください)。また、大学によっては、研究業績を重視するということをホームページ上に明記されており、どの項目に力を注ぐか、ということは個人個人の作戦になると思います。「研究業績をアピールするぜ」という人は、このテストの対策に時間を割かなくても良いと思います。しかしながら、学部卒業後から留学を希望する方は、どうしても研究面が弱くなりがちです。なので、「研究経験に不安があるが、スケジュールには余裕がある」という方は前回の記事で紹介した方法で、丁寧に対策に取り組む価値はあると思います。

おまけの一言

他のケムステ記事にも、大学院留学に関する情報は掲載されていて、今回このような受験報告を作成するかどうかは迷いました。私自身も、これまでのケムステ記事を何度も読み返しながら留学準備を進めていますが、それらの記事はすべての出願プロセスが終わってから投稿されたものなので、いい意味でダイジェスト的に綺麗にまとめられてしまっています。本記事は合格者が語っているわけではないため、留学希望者にとって十分な内容を提供できていないかもしれません。しかし、当事者の緊張感もリアルタイムで実況するには、今の時期に記録を残した方がよいと思ったので、今回、このような受験報告をいたしました。この記事が、今後留学を希望される方の、道しるべの 1 つになれば幸いです。需要があれば、他の出願準備の近況についても報告しようと思います。

関連記事

外部リンク

The following two tabs change content below.
やぶ

やぶ

高専生。Chem-Station を見て育った学生として、このコミュニティをより盛り上げていきたいです。

関連記事

  1. Nature Reviews Chemistry創刊!
  2. 物凄く狭い場所での化学
  3. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する
  4. その反応を冠する者の名は
  5. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する
  6. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答…
  8. 研究職の転職で求められる「面白い人材」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  2. 個性あふれるTOC大集合!
  3. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC
  4. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibutyl-1,10-phenanthroline
  5. 窒素固定をめぐって-2
  6. Organic Synthesis Workbook
  7. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  8. 室温で液状のフラーレン
  9. アステラス病態代謝研究会 2018年度助成募集
  10. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任

日本化学会は5月23日に川合眞紀氏(自然科学研究機構分子科学研究所)が新会長に就任したことを発表した…

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP