[スポンサーリンク]

ケムステニュース

有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ


有機半導体や有機ディスプレイなど、有機・高分子関連の技術が一堂に会す「オルガテクノ2005(有機テクノロジー展2005/有機テクノロジー国際会議2005)」が2005年7月4日~6日東京ビッグサイトで開催される。


オルガテクノ2005は今回が初の開催となる。日本は白川英樹氏や野依良治氏がノーベル化学賞を受賞するなど、世界的に有機・高分子関連分野で強みを持っている。しかし、これまで研究成果をビジネスにつなげる取り組みが十分でなかったほか、各種学会や団体が細分化されており、分野を超えた情報交換の場がなかった。(引用:nikkeibp


地図リンク


東京ビッグサイト 東京都江東区有明3

関連用語

有機超伝導体 有機EL

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働き…
  2. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  3. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  4. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  5. オルト−トルイジンと発がんの関係
  6. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に
  7. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業…
  8. 潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性XXドーム」が開発さ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  2. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  3. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  4. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  5. カンブリア爆発の謎に新展開
  6. 2017年の注目分子はどれ?
  7. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  8. マグネシウム Magnesium-にがりの成分から軽量化合物材料まで
  9. 2009年10大化学ニュース
  10. ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP