[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第127回―「生物学的に取扱困難な金属イオンを研究する」Ann Valentine教授

[スポンサーリンク]

第127回の海外化学者インタビューはアン・バレンタイン教授です。イェール大学化学科に所属(訳注:現在はテンプル大学に所属)し、加水分解に極めて敏感な金属イオンを生物学的にどのように扱うかを研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

基礎科学が好きだったのですが、生物学は大きすぎて(複雑すぎて)、物理学は小さすぎて(素粒子物理学)・・・そして大きすぎて(宇宙物理学)。化学の「分子スケール」はちょうどよかったです。また、高校2年生の時には、科学部の指導者であるエイダ・マーガレット・ハッチソンが、1年のほとんどを研究室で自由にさせてくれました。たくさんのものに火をつけました。そしてこう思いました:化学へと誘ってください!と。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

中学校の科学教師になりたいと思います。その年齢層の子供たちにアウトリーチプログラムを行うのが好きです。一方で、高校生は怖いです。例外もありますが、彼らはお互いに関心を抱くことに忙しく、科学に夢中になれないことが多いのです。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

今日の午後考えたプロジェクトの一つですが、生体分子とチタン(IV)の基本的な相互作用を研究しています。現在チタンはほとんど不活性であると考えられていますが、信じられないほど豊富で、人間が多くの用途を見出してきたこの元素について、生物学が生産的利用法を見出せなかったということには、受け入れがたい気持ちになります。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

エド・リケッツは1940年代までカリフォルニア州のモントレーで働いていた裏切り者のような海洋生物学者です。彼はジョン・スタインベックの友人であり、『キャナリー・ロウ』の”ドク”というキャラクターの発想元になった人物です。スタインベックは「アバウト・エド・リケッツ」というトリビュートを書いていますが、この本は現在『ザ・ログ・フロム・ザ・シー・オブ・コルテス』という本と一緒に出版されていて、二人の大冒険を描いています。このオマージュを読むと、リケッツと食事をしたくなります。科学的には啓発的機会になると思いますが、おそらく本当に、本当に面白いものになると思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

ラボノートの最新エントリーは2007年6月22日です。ラボに入って、すべて自分で行う形で、フェリチンタンパク質精製のトラブルシューティングをしようとしていました。最終的なゲル画像がないのは、いくつかの他の用事に気を取られてしまったので、ゲルを1週間ほど脱染色して放置してしまったからです。今では、自分で何かをしようとするのではなく、大学院生が困っている実験や機器を用いながら、そばで一緒に数時間「手伝う」ことが多くなりました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

何か高尚なものを選びたい衝動に駆られています。自分を賢く印象的に見せてくれるものを。でも正直に言うと、数年ごとに再読している本といえば、ジョン・アーヴィングの『A Prayer for Owen Meany』です。

そして、いつでも聴きたいアルバムは、マーク・コーンの『Live 04-05』ですね。古い曲と新しい曲が混在しているディスクです。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

ハリー・グレイにインタビューしたことはありますか?彼はいつでも面白くて頼りになります。質問にはきっと素晴らしい答えが返ってくるでしょうね。

原文:Reactions – Ann Valentine

※このインタビューは2009年8月7日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Mi…
  2. 第42回「激動の時代を研究者として生きる」荘司長三教授
  3. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bru…
  4. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  5. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2
  6. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 …
  7. 第77回―「エネルギーと生物学に役立つ無機ナノ材料の創成」Cat…
  8. 第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Ton…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「サイエンスアワードエレクトロケミストリー賞」が気になったので調べてみた
  2. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)-5-(Pyrrolidin-2-yl)-1H-tetrazole
  3. 遠藤守信 Morinobu Endo
  4. エッフェル塔
  5. 【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ
  6. 印象に残った天然物合成1
  7. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界
  8. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate
  9. 次なる新興感染症に備える
  10. #おうち時間を充実させるオンライン講義紹介 ーナノテクー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

医療用酸素と工業用酸素の違い

 スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス…

世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されていないベンゼノイドの脱芳香族化反応への応用

第310回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 (根本研究室)・伊藤 翼さんにお願い…

キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

Tshozoです。本件先日掲載されたこちらのArticleの追っかけでネタ色が強いですが書いてみるこ…

Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

In multistep continuous flow chemistry, studying c…

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP